アパレル ノルマ

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

アパレル販売員を悩ませるノルマ!

読了までの目安時間:約 8分

 

アパレルの販売員さんにとって大きな悩みになるのが、

 

ノルマ

 

です。

 

 

お店によっても違いますが、かなり厳しい条件のショップも存在します。

 

そんなノルマについてまとめました。

 

 

 

 売上主義

とにかく売らないと意味がない!売上の金額が全て。

 

うまく接客して、次もまた来ようと思ってもらえても、売上がゼロなら注意されます。

 

お店の売上金額を設定して、達成していなければ注意される。

 

それならまだいいほうで、厳しいところだと個人個人で設定しているお店もあります。

 

これは厳しいですよね。

 

誰が売り上げていないかハッキリわかってしまいます。

 

自分から訪問できるわけではなく、お客さんが来てくれないことには売ることも出来ないので、大変です。

 

その為、数少ないお客さんを逃したら、即注意を受けてしまいます。

 

 

目標額に達してなかったら買い取り!?

4263241017_48994a9187_z

 

あまりに売上が少ない日は、上司から

 

「これ欲しいって言ってなかった?」

 

と聞かれたりすることもあります。

 

買い取りをして、と暗に言われているわけです。

 

ごくたまになら良いですが、これがしょっちゅう続くとあっという間に給料が減っていきます。

 

これでは何の為に働いているかわかりません。

 

お店に還元していることになりますからね。

 

売上が足りないのは、少なからず自分の責任でもあるので断りにくいのが現実です。

 

平日や月末になるとこういう現象が起こりやすくなります。

 

単価が安ければまだ良いですが、価格帯の高い店舗のほうが意外と起こりやすい事態です。

 

 

服自体の単価が下がってきている

景気の関係でますます不景気なアパレル業界。

 

服にお金を使う人が少なくなってきています。

 

服を作る現場でも、高い単価の服がだんだん売れなくなってきています。

 

今はファストファッションのお店に行けば、そこそこの質のものが安価で手に入ります。

 

高い服をわざわざ買うひとが少ないのが現実です。

 

でも、お店側はそれを考慮してくれるわけでもないので、ノルマはどんどんきつくなって行きます。

 

実際見た現場で、どんなにいいものか熱心に説明する接客を見ましたが、

 

あまり長々と説明されても、興味を持ってくれているお客さんじゃないと響きません。

 

ますます高度な接客が求められます。

 

でも実際話しかけてほしくない、と言う意見が多いので本当に難しい問題です。

 

 

 

ノルマが達成できないと人間関係にも響く

3248661335_9f8c4dc271_z

 

ノルマがきつく、達成出来ないとお店の雰囲気がギスギスして行きます。

 

うまく売れない人はどんどん居場所がなくなっていき、気まずくなってきます。

 

お客さんは意外と見ているので、ギスギスした雰囲気の店内に居たくないのですぐ出て行ってしまいます。

 

こうなるとどんどん悪循環になっていきます。

 

客足も落ちるので怒られる時間も長くなります。

 

こうまでしてノルマを設定する必要があるのか疑問ですよね。

 

特に接客もなく、気軽に入りやすいファストファッションに人が集まるのもなんとなくわかる気がします。

 

販売員さん同士もギスギスしてない店舗が多いです。

 

 

最後に

7933077422_ed2cb510ab_z

 

あまりに売り上げ!となりすぎて、経営者側が大事なものを見失ってる気がしませんか?

 

売り上げが一番大切かもしれませんが、

 

売らなきゃ!という必死な接客では断るのが苦手なお客さんはどんどん来なくなってしまうのではないでしょうか。

 

販売員としても嫌がられるような接客は避けたいのですが、

 

上司が目を光らせている現場では前のめりな接客をするしかないのです。

 

テレビなどでも話しかけてくるのがうざい!なんて意見を見ると悲しくなってしまいます。

 

すべては厳しいノルマが原因なんですから。

 

経営者側が考えを変えてくれたら良いですが、

 

景気の悪い中、生き残るのに必死なので、それも難しいですよね。

 

現役で販売をしている人や、かつて販売員だった人が多いので、

 

自分の接客スタイルがある人が多く、それを従業員にも求めがちです。

 

世代によって服に対する意識も変わってきているし、

 

無理に接客スタイルをあわせようとすると不自然な感じに見えることもあります。

 

もうがんばれないと感じたら、違う業界への転職を考えても良いかもしれません。

 

 

アパレルから他業種へおすすめの転職サイト

 

それでもアパレルが好き!アパレル内でのおすすめの転職サイト

 

 

 

営業職でもないかぎりは、つらいノルマに悩まされることはほとんどないでしょう。

 

お給料も職場で使わないと行けないなんてことも少ないはずです。

 

同じお給料でも、他のことに使えるはずです!

 

今まで我慢していた外食もたくさん出来るかもしれません!

 

お悩みの方は一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アパレル特集   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る