アパレル 人間関係

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

アパレル店員が陥りやすい人間関係の悩みとは?

読了までの目安時間:約 8分

 

憧れていたショップで働きはじめたのに、人間関係がうまくいかない・・・。

 

他の業種のバイトをしてた時はみんな仲良くしてたのに・・・。

 

私が悪いのかな?

 

 

それはあなたのせいではありません!

 

 

なぜならアパレル業界には、人間関係がうまくいかなくなる理由がたくさんあるからです。

 

 

 

 

自己主張の強い人が多い

5504822136_31737a5868_z

 

オシャレでセンスのよいショップ店員さん。

 

憧れてたけど一緒に働いてみたら、私はこうする、私ならのオンパレード。

 

とにかく自己主張がすごい。

 

こういう人は自分のスタイルがあるので、あわせるのがとっても大変ですよね?

 

ひとつ違った行動をとってしまうとたちまち不機嫌になって気まずい雰囲気に。

 

オシャレなショップほどこういう人が集まるので意見のぶつかりあいが絶えず、Aさんにあわせたら、Bさんには怒られた。

 

こんなこともあり、帰る頃にはグッタリしてるなんてことも多くなりがちです。

 

 

 

タラレバで注意をうける

例えば飲食業の接客は注文を聞いてお客さんに料理を提供する・・・

 

流れがある程度決まっていますよね?

 

しかしアパレルの場合それが特にありません。

 

売れるかどうかが全てなのです。

 

その為、売れなかった時には「もっと話しかけてれば」、「こうしてたら!」

 

と注意をうけたりしますが、タラレバなので、正解とはかぎらないんですよね。

 

え?そうなの?と思うことが本当に多いです。

 

接客されるのが嫌なお客さんも多いので、話しかけてれば売れたというのは違う気がします。

 

こんな風に特に正解もないのに理不尽に怒られると、

 

「なんで私が?」

 

と納得できないことが多くなり、だんだんギスギスした関係になって行きます。

 

 

 

少人数体制

ショップの規模にもよりますが、そんなに大きくない店舗の場合は2人体制がほとんどです。

 

これが苦手な人とだとかなりきついです。

 

まして平日の昼などは、お客さんも少ないので、暇なうえに長い時間せまい店内に二人きり・・・

 

こうなると早く時間が過ぎることを願うしかないですよね。

 

メンバーも少ないので、このシフトはすぐにやってきて、延々と繰り返されます。

 

 

 

誰が売ったかハッキリ分かる制度

8159991602_c4a4dc20e1_z

 

販売をしている以上仕方ない気もしますが、

 

お店によってはレジをした人=売った人となる場合があります。

 

こうなると、最初に接客したのに、ほかのお客さんと話しているあいだに

 

「ほかの人の売り上げになっていた!」

 

なんてことも。

 

最初に声をかけたのが自分であっても関係ありません。

 

こうなるともう仲が悪くなるストーリーしか見えません。

 

普通は譲る気もしますが、ノルマのあるお店だとみんな必死です。

 

 

見た目を指摘されやすい

ショップによっては着こなしを批評されたり、ひどい時は自分の体型を注意されるなんてことも少なくありません。

 

普段の生活では見た目を指摘されたり、体型のことを言われたりなんて、ほとんどありませんよね。

 

ですがアパレル業界では、センスが悪いとか太っているとかタブーな発言も普通に言われることがあります。

 

仕事の内容ではなく、自分自身を評価されるのは結構きついものです。

 

 

 

最後に

4879537361_0528b2b215_z

 

このようにアパレル業界、特に店員さんには仲が悪くなる要素が他の業種よりも多いかもしれません。

 

みんなでひとつのことをしているので欠点が見えやすいのです。

 

部署があったり、役割が違うということもほとんどありません。

 

その結果、「自分ならこうするのに」と感じやすくなります。

 

最初に書いたとおり自分のスタイルを持つ人が多いので余計に悪化する場合も多いです。

 

うまくやりたいからといって、ほかの人に合わせすぎていませんか?

 

拘束時間も長く、お客さんがあまり多くない時は、かなりの時間をその人に合わせていることになります。

 

「知らない間にストレスがたまり、体調を崩した」

 

なんてこともよく聞きます。

 

同じ接客業でも飲食業など、忙しくてやることが多いといつの間にか時間がたっているものですが、ファーストファッションなど沢山のお客さんが来るわけではないアパレル販売員さんは、窮屈感を感じる方も多い。

 

そうなると人間関係が気になり、苦手な人がいるとそれが悩みの原因になりやすいです。

 

そんな時は、一層のことショップを変えてみませんか?

 

おすすめのアパレル転職求人サイト

 

今いる環境やブランドに変化が加わることで意外なほどに、毎日にハリがでてきます。

 

役割がはっきり分かれる仕事ならひとりで取り組むことも多くなるので、人間関係のストレスが一気に減ってすごく楽になった!という人もいるようです。

 

自分のペースや、判断で仕事が出来るってすごく大事なことだと思います。

 

お店の人間関係で悩んでいる人は、体調などを崩す前に考えてみることをおススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アパレル特集   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る