仕事辞めたい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

足が痛いと感じているアパレル販売員の方に伝えたいこと6つ!

読了までの目安時間:約 10分

 

もはや職業病とも言える足の痛み。

 

夏場はむくみやすくなって、寝る時はとにかくだるい・・・。

 

痛くなる理由と対策をまとめました。

 

 

 

行動範囲が狭い

小規模のショップの場合、2人で店に入ることが多いので、行動範囲が限られます。

 

あまり仲良くない同僚や上司だった場合、なるべく距離を保とうとするので、

 

いつも同じ場所にいることになります。

 

歩いたりしゃがんだりすることが少ないと血行やリンパが滞ります。

 

その結果、足がむくみ、疲れやすくなります。

 

屈伸をしたり、足をまわしたりすると少し改善されますが、微々たるものです。

 

しかもお客さんの手前、なかなかそれは難しいというのもあります。

 

 

水分が取りにくい

 

適度に水分を取ってトイレに行けば、軽いむくみなら多少軽減されるかもしれません。

 

ですが、常に店内に居るため、なかなかお茶を飲みに行くことは難しいです。

 

親切な上司なら「いつでも飲みに行ってね。」と言ってくれますが、

 

入ったばかりなど下の立場の時はなかなか行きにくいです。

 

厳しいショップなら、休憩の時だけ!という場合もあるでしょう。

 

喋る仕事なので水分補給が好きな時に出来ないのはつらいです。

 

 

優良なショップを選ぶには?

 

 

足が冷える

冷え性があれば冬場はもちろん冷えます。

 

エアコンで適温に調整されていても、手足など末端が冷えていることはよくあります。

 

そして売り上げのためには、ちょっと先取りした服装をしなければいけない時もありますよね。

 

早めのサンダルなどは足がかなり冷えます。

 

夏場でも店内は涼しいので、長時間お店にいると、知らず知らずのうちに冷えてしまいます。

 

 

腰に負担がかかる

 

服をたたんだりする動作も繰り返していると中腰になるので、なかなか負担がかかります。

 

服の搬入などで、ダンボールを捨てたり開けたりするのも意外と重労働です。

 

さらに立っている時間が長いので、体を斜めに傾けてしまいます。

 

同じ方向に傾け続けると骨盤のゆがみにもつながります。

 

骨盤がゆがむと体全体のバランスが崩れ、足だけでなく全体が疲れやすくなります。

 

腰を回したりすると良いですが、やっぱり仕事中には出来ません。

 

 

休憩時間が短い

2人体制でまわしていると、休憩は取りづらいものです。

 

お客さんがいる場合はどんどんずれて、お昼も後回しなんてことも。

 

そうなると食べたあともすぐ動かないといけないのでストレッチの時間もとれません。

 

胃が弱い人は猫背の体制で立つと、胃への負担もかかります。

 

 

 むくみ対策などの美容グッズが使えない

人に見られる職業なので、ナースサンダルや、骨盤の歪まないクッションなど

 

オフィスワークの人ならそっと机の下で使えるかもしれないアイテムも使えません。

 

むくみ対策の靴下なら、ファッションによっては使える日もあるかもしれません。

 

ファッション性の高い靴は意外と足に負担がかかるので、この差は大きいです。

 

 

最後に

8167054708_64c6010d9f_z

 

販売員には、足の痛みやむくみが出やすい原因がたくさんあります。

 

もう慣れたからと放置してはいませんか?

 

むくみは足がだるい感じ、重い感じを放置すると悪化していき、下半身太りの原因になります。

 

体の歪みは、癖になってしまうと意外と治すのに時間がかかります。

 

その上、コリや神経の圧迫による冷えの悪化、ぎっくり腰、ヘルニアなどを誘発しやすくなります。

 

特に女性は冷えやすくなるので、今はスタイルが良くても、

 

将来太りやすくなったり、持病の悪化なども考えられないことではありません。

 

身体の歪みやむくみは体に大きな影響を及ぼします。

 

普段から姿勢の癖を把握しておいて、逆の姿勢をたまに取るなど、対策をしたほうが良いかもしれません。

 

冷え、むくみ対策のかわいい靴下や、靴をたくさん用意したり、選ぶのもおススメですが、

 

服に合わなかったりするので、なかなか難しいですよね。

 

忙しいのに、ストレッチや冷えなんか気にする暇がない、めんどくさい!という方もいると思います。

 

オフィスワークなどは、ある程度自由に水分補給やちょっとストレッチしたりなど出来るので、

 

悩みが一気に解決するかもしれません。

 

自分のリズムで行動できるのも良いですよね。

 

販売員をやっていてオフィスワークに転職した知人はかなり体が楽になったようです。

 

足や背中のだるさが改善して、水分もトイレも自由にいけるので、むくみも減ったそうです。

 

休憩時間も決まっているので、忙しい時以外はストレッチなどもしているようです。

 

お客さんにあわせて行動していると、どうしても自分のことは後回しになり、リズムも崩れがちです。

 

ショップの閉店時間が遅いと、夕食も遅くなりがちです。

 

寝る時間もずれ、体内時間が狂い、自律神経にも影響を及ぼします。

 

日々の積み重ねが体に影響を及ぼすので、最近なんだか不調かも?と感じる人は生活や姿勢を見直すのもおススメです。

 

とはいえ、拘束時間が長いので、仕事中にそこまで気を配るのは難しいかもしれません。

 

この先何年も足の痛みや、腰の痛みとつきあえるかなど体と相談しながら、

 

前述したオフィスワークなど、自分のリズムで動ける職業などを考えてみるのも良いかもしれません。

 

今すぐに足のむくみを解消したい場合はサプリがオススメです。

 

メリロートというハーブは昔からハーブティとして親しまれてきたものですが、

 

このハーブが配合されたサプリ飲むと、リンパマッサージをした時のように、ドッとつまっていたリンパが流れ出します。

 

血行も良くなるので冷え性の改善も望めます。

 

以前は象のようにどっしりとむくんだ足が恥ずかしくて、毎日サプリを飲んでいました。

 

するとだんだん足が軽やかになり、気が付くときゅっとくびれた足首になっていました。

 

足回りで滞っていた、余分な水分がスッキリ流れたんだと思います。

 

細いアキレス腱も出てきて、

 

自分の足はこんなにきれいだったんだと感動です。

 

ただ、飲むのをやめてしまえば元に戻ってしまいます。

 

あくまでサプリはつらい時のサポート、またはつらくならない為のお守りのような感じで捉えています。

 

やはり根本的な、『働く場の環境を変える』、というのが一番の改善方法かもしれません。

 

 

 

 

アパレル特集   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る