仕事辞めたい 甘え

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

仕事が大変で辞めたいのは甘えか?

読了までの目安時間:約 8分

 

就職氷河期と言われる現代社会、頑張って何とか入社した会社の仕事があまりにも辛いから辞めたいと言うことは、果たしてそんなに悪いことなのでしょうか。

 

仕事が大変だから辞めたいというのは本当に甘えなのでしょうか?

 

就職出来ない人からしてみれば、そんなの仕事がある人のわがままだと言われるかも知れません。

 

しかし仕事を辞めたくなるのにはそれなりの理由というものが存在しているはずです。

 

 

 

 

辛い仕事を続けることで起きる現象

辛い仕事を無理に続けていると必ず起きる現象というものがあります。

 

それは精神ストレスや肉体的ストレスからくる体の不調です。

 

ただ疲れているだけだろうとか、一晩寝れば元気になるだろうと勝手に思い込み、翌日からまたやりたくない仕事を続けていると自分でも気づかないうちに体はストレスでボロボロになっていきます。

 

結果、最終的には不眠症や鬱病といった重篤な症状になってしまう恐れもあります。

 

もちろん仕事にも影響が表れ始め、仕事効率が落ちることによって辛い仕事がさらに辛く感じられてしまうということにもなりかねません。

 

そもそも仕事が辛いと感じられること自体、選んだ仕事が自分自身に合ってないという可能性が高い訳です。

 

「仕事が大変だから辞めるというのは甘えだ」と自分に言い聞かせて頑張っていたところで、それは単なる作業でしかありません。

 

そのまま継続していても、本来得られるはずの達成感や充実感といった心のケアーが全く得られないのです。

 

 

 

仕事の適正を見極めましょう

partnership-526405_640

 

例えば、人見知りで人前に出るのが苦手な人が接客業を行うと言う場合、明らかにその人にその仕事は合っていないと言えます。

 

人が苦手なのに接客業を選んでしまったこと自体が大きな間違いであると言えるわけです。

 

工場等の流れ作業や単純作業などを選ぶ場合にも、基本的に飽き性で根気が長続きしないしない人には不向きな仕事だと言えます。

 

おそらく単純作業自体嫌いなはずでしょうから、その仕事を毎日続けると言うことは、計り知れない苦痛となってしまうでしょう。

 

料理が苦手な人が調理師見習い等の仕事を漠然と選んでしまった場合にも、そもそも苦手意識があるわけですから自分から率先して技術を学ぼうという気持ちにはなれず、仕事自体が嫌になってしまうと考えられます。

 

このように、自分に合わない仕事を選んでしまうと必ず仕事に対して辛いという感情が生まれて来てしまい、それが徐々に積み重なった結果体を壊してしまうといったことになってしまう可能性が高いと言えます。

 

 

また単純に表面的な情報から判断し、その仕事に取り掛かってみたところ全然自分の想像と違った。

 

こんな話しもザラにあります。

 

接客にしろ工場にしろ単純に作業をすることだけが全てではなく、マネージメントや教育といった部分も仕事内容に含まれます。

 

やってみないと分からない事は往々にして多いのです。結果合わない事が起こるのはいたって普通の出来事。これを大変だから辞めたいと思うのは甘えだと捉えてしまうのはいかがなものでしょうか?

 

仕事を決める前に自分に合った仕事かどうかを本質を見極める必要があるでしょう。

 

 

 

適正の見極め方

適性を見極めるのに最適な方法は、自分の性格がどんな性格なのかをしっかりと把握するということが重要になってきます。

 

それと体力があるのか無いのかといった身体的な問題も把握しておくほうが良い場合が多いと言えます。

 

常に明るく誰とでもフレンドリーに接することが出来、話をすることが好きな人は接客業に向いていると言えますし、自分一人でコツコツ作業をすることが好きな人は工場などの作業が向いていると言えます。

 

体を動かす肉体労働が好きな人は現場などで作業を行う仕事などが適していると言えるでしょう。

 

逆に内気な人は接客業を選ぶべきではありませんし、体力があまりない人は外での作業が多い現場の仕事には不向きでしょう。

 

自分でそれらが分かっているのにあえて不向きな仕事を選んでしまうとほとんどの場合長続きしませんから、仕事選びには適正が非常に重要であると考えたほうがよいのではないでしょうか。

 

 

自分の適性を把握する方法 

 

 

 

仕事を辞めることは悪いことではありません

以上のように、自分に合ってない仕事を無理に続けると言うことは、体を壊すことに繋がるばかりでなく、自分に全くプラスにはならない場合が多いです

 

甘い、甘いとよくわかっていない周囲の意見に踊らされて頑張っていたところでメリットは無いのです。

 

むしろマイナス要素のほうが多いと言えますから、そういった場合には無理に仕事を続けるのではなく、出来るだけ早く自分に合った仕事に代わったほうが確実にプラスになります

 

 

もちろん辛いのではなくただ面倒くさい、仕事がだるいから辞めるというのはただのわがままですから、そういった理由で仕事を変わると言うのはお勧めしません。

 

辛い仕事を辞めると言うことは決して悪いことではありませんし、自分にはこの仕事が合わなかったと気づけたことはプラスになると思います。

 

 

合わない=甘い、仕事辞を辞めたい=甘い

 

 

ではないのです。

 

合わない仕事が分かったのであれば、次の仕事は自分の適性に合った仕事を見つければいいわけですから、仕事を辞めるということを躊躇せず転職して一からスタートすることも大事ではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

メンタル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る