仕事 能力不足 辞めたい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

仕事で能力不足を感じ辞めたいと思った時に考える3つの事

読了までの目安時間:約 11分

 

「この仕事を私はこなしていけない。」

 

「今日もクレームをつけられた。私では対応しきれない。」

 

 

そんな絶望感にとらわれて

 

「もうこの仕事無理だ・・・辞めたい・・・。」

 

と思うことは誰にでもあること。

 

 

 

辛い気持ちを誰かに愚痴れる間はまだいいものの、愚痴をこぼす気持ちのゆとりさえ無くなってしまう。

 

能力不足、できないと突き詰めて考え込み過ぎると、プレッシャーに負けて精神がまいってしまいます。最悪、うつ病にさえなりかねない。

 

そうした悪循環に陥らないためにはどうしたらいいでしょう?

 

 

簡単です。

 

 

3つの視点を変えるのです。

 

 

詳細を説明します。

 

 

 

能力不足と思い込んでいるだけ

仕事は自分1人で完成するものではありません。

 

どんな仕事でも、何らかの形で他の人との連携が必要になります。

 

あなたの仕事がうまくいかなかったのには、他の人との連携がうまくいかなかった事もあるかもしれません

 

仮に連携がうまく行かなかったとしても、それが全てあなただけの責任ということではないでしょう。

 

相手の誤解や思い込み、相手の独特な性格や行動パターンで連携がすんなり行えなかった場合もあります。

 

 

そのような場合には、過剰に自分のせいにしてはいけません。ある程度割り切ってしまうことも大切です

 

 

職場は色々な人の集合体です。同じ職場の人であっても経験知識の差によっては、連携が難しいことがあります。

 

必要な配慮をすることは大切ですが、うまく行かないこともあるくらいの気持ちを持つことも時には大切でしょう。

 

 

・入社したばかりなら、新しい会社の知識に劣るのは当たり前

 

・異動して間もないなら、人間関係の距離感がつかめないのは普通のこと

 

・社外の方については、想定外のクレームがつくことは避けられない

 

 

こういったことは大抵の場合、ただ慣れていないだけで能力不足が原因でないことがほとんどですね。

 

 

 

おおらかに考え気持ちにフトコロの深さを

fishermen-610734_640

 

 

今は価値観も多様化しており、時には自分にとっては常識と思える枠を大きく外れた形で要求をぶつけてくる人もいます。

 

そのような人のクレームは往々にして激しい形でぶつけられますので、つい凹んでしまいがち。

 

しかし、

 

 

「そういう人もいる」

 

 

くらいで流すことも大切です。

 

非常識と感じられるクレームにも丁寧に対応することは大切ですが、処理したら引きずらないようにすることも同じぐらい大切です。

 

そうしたクレームについては、同じ部署で対応を共通に認識しておく必要もありますから、情報共有という立場から皆に話しておきましょう。

 

職場としても大事なことですし、負担感を1人で抱え込まないためにも皆に話すのは効果的な方法だと言えます。

 

皆に打ち明ける事で、自分一人で重圧を背負い込むのを防ぐ事もできます。ある意味割り切りでもあります。

 

 

 

 

できない自分でなく、できる自分をイメージしてみる

「自分は能力がない。できない。」

 

と本気で思うのであれば、

 

 

「では、何ならできるのか?」

 

 

という形で発展性のある前傾思考に切り替えてみましょう。

 

人間だれしも、できない理由を探すのは簡単です。

 

「あれのせいでできない。コレがないからダメだ」

 

と否定的な理由はボロボロでてくるもの。

 

 

自分に何ができるのかをイメージする方法はあります。

 

それは、

 

仮に自分の能力に不安を感じて辞めたいならば、次の仕事を探すとき、あなたは何をウリにするか?

 

を考えること。

 

どの企業でも、中途採用者については直ぐに成果を出すことを要求します。

 

ただやる気だけをアピールしても面接まで進まないと考える必要があります。

 

やる気だけなら新卒を雇った方が、若くて社会保険も安くて済むし、

 

「変なクセがついていないから、自社向きに教育しやすい」

 

との理由から競り負けてしまいます。

 

自分自身はどんな長所があって、どんな事が適正なのか?こういった事を実際にイメージして、客観的に把握することから始めてみましょう。

 

 

例えば、

 

 

あなたは今の組織で能力不足と思われているかもしれませんが、視点を変えれば「市場」での価値は高い・能力不足ではないと捉えられる可能性だって十分にあります。

 

 

・切り口の違う商品説明ができる

 

・怖い上司からでも効率よくアドバイスをもらえる

 

・次に何が流行りそうか常にアンテナを張っている

 

 

こういったことだって十分にウリになるのです。

 

もし能力不足で退職を考えるなら、こういった自分でも見えない部分まで掘り下げて考えていくと活路が見出しやすいです。

 

 

 

 

 

 

最後に:壊れるぐらい我慢するのダメ

bales-607463_640

 

 

自分の能力に不安を感じて仕事を辞めたいと思った時には、まず自分だけの問題かということを冷静に考えましょう。

 

そうでないことも沢山あるはずです。そうしたケースについては割り切ることも大切です。

 

そして、社外の方からのクレームについては同じ部署の人と情報共有をするためにも、1人で抱え込まずに誰かに話すことが大切です。

 

しかし思い詰めて精神が崩壊してしまうようなら、今の職場を離れ、新天地へ赴く事を視野に入れるのも「視点変更」の一つです。

 

 

 

人は承認の生き物と言われます。

 

社内で孤立して閉塞感を感じながら日々を過ごすことほど苦痛な事はありません。

 

悩み抜いた末に、それでも能力不足と感じるのであれば、それは単純に今の会社が自分に合わないだけなのかもしれません。

 

そんな時には是非、今の自分の市場価値を確認する意味合いも含めて「転職エージェント」に相談してみると良いです。

 

転職エージェントなら、あなたの強みやウリが何なのかの棚卸しを一緒に考えてくれます。

 

 

今の会社では能力不足だが、新天地に赴いたら予期せぬチカラを発揮するなんてことは往々にしてある話しです。

 

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人におすすめ!

 

面談に来る人が必ずしも、緊急の転職意向ではありません。まずは相談だけ!という人も大勢います。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンタル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る