新人研修 洗脳

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

新人研修が洗脳じみていて無意味と思う人に送る記事!

読了までの目安時間:約 7分

 

新卒で入社、もしくは新しい仕事を立ち上げる時、ある程度人数が集まり最初に行われるのがいわゆる新人研修です。

 

有意義な内容で行われる場合がほとんどですが、時としてこのようなことをする意味は何?

 

と疑問に思う内容だったり、単なるしごき、つるし上げのような意見交換会を行うことが研修内容全てだったりすることもあります。

 

研修をする側の人間もただ、配布物を読み上げるだけで、仕事を遂行したと思っている場合もあります。

 

ここではまるで新人研修が洗脳作業とも思えるような実例を紹介します。

 

 

意味があるのかわからない声だし、挨拶

まず基本は挨拶ということで、接客七大用語などを大声で言わせる研修などあります。

 

しかし実際に会社や店舗などで、お客様相手にそんな大声でがなりたてることはまずないのです。

 

ですがそこは新人研修ですので、大声で出して言うことがやる気の表れとみなされますし、研修する側もいかに研修を受けている人間が大声で言えるか、言わせるかしか考えていません。

 

とにもかくにもいかに大声を出すことを良しとするかのような洗脳。

 

本来の目的とはかけ離れているのです。

 

たとえば、自分がお客の立場となり、会社なりお店に訪問した際に大声で

 

 

 

「いらっしゃいませ!」

 

 

 

と言われたらどうでしょうか?

 

嬉しいというよりはビックリしてしまいますよね。

 

なのでこの声だし研修というのは実際の仕事に役立つ内容とはとても思えないのです。

 

とある店舗ではオーナーの方がスタッフに常に大声でいらっしゃいませとお客様に言うようにと指導していました。

 

しかし実際にスタッフはお客様に喜ばれるどこか「商品を見ているのに横でずっと大声で言われて気が散る」と苦情を申し立てられたそうです。

 

このような事例もありますので、新人研修で習ったことが現場で通用しない場合もあります。

 

ひたすら説明を聞くだけの新人研修

その会社の歴史、関係のない話などプリント類を渡されて、延々と説明を聞くだけの研修もあります。

 

仕事と何の関係があるのだろうと思いますが、新人さんをその会社の色に染めることが研修の目的と言えばそれまでですが、ある程度愛社精神を持ってもらいたい、一生懸命頑張ってもらいたいという意味を込めているのでしょう。

 

愛社精神の強い方と仕事を組むと、ちょっと会社に洗脳されているのでは?と思うほど会社の規則、やり方が全て正しいかのような人もいます

 

それ以外の世界もあるというのに、染まって視野が狭くなっている先輩もいたりしますが、人それぞれ考え方は違うので、自分は自分とあまり真に受けないように受け流すことも必要だと思います。

 

洗脳じみた新人研修では全てを真に受けていてはダメです。

 

真っ向から否定して言い返す、反抗するということは講師陣の怒りを買うだけなので注意が必要です。

 

余計な争いごとは極力避けるようにしましょう。

 

 

アラ探しのようなロールプレイング研修

説明が終わると、実際にロールプレイングをしましょうという研修もあります。

 

主に接客販売業の研修はこれです。

 

皆の前で行うだけでも緊張と恥ずかしさで冷や汗ものです、

 

その上終わったら今のはここがいい、悪いと意見を出されますが、大体悪いことを指摘されることが多かったりすると大変精神的に落ち込んだりしますが、これもまた研修なのです。

 

言う方も、実際意見することもないので最後の方の人は何かを搾り出して言うしかありません。

 

そうすると褒めることよりアラを探した方が言いやすいのです。

 

声が小さい、トーンが暗い、笑顔が少ない、聞き取りにくいなどなど言われる方はたまったものじゃありませんが、これも最初の仕事と思い割り切るしかありません。

 

実際に現場に出たら、研修の時のロールプレイングはあまり役に立たないことが多いのです。

 

基本的な流れを勉強させてもらってるという感覚くらいでいいと思います。

 

 

さいごに

研修とは、会社側から使いやすい人材に洗脳するためのものかもしれないと思ってしまいます。

 

人は誰しも自分の意思で行動することは納得できますが、人から言われて強制されたり自分の意見を持つことができないと支配されている感じを受けて嫌な気持ちになります。

 

特に新人の研修を受けて、この会社でこの先上手くやっていけるだろうか、自分の選択は間違っていたのではないかと不安になることもあると思います。

 

ですが、研修は研修と割り切って乗り切ってみてはどうでしょうか?

 

実際に現場に出ましたら、研修とは違う空気を感じますし、ある程度の自由はできてきます。

 

最初はどうしても上からの押し付けをこなすだけという感覚がぬぐえません。

 

洗脳だと思えば洗脳ですが、こんなものだと何も疑問を持たずに淡々とこなす人が一番ストレスを感じなく上手くやっていけるように思います。

 

洗脳かどうかは現場に出てから判断することもできますから安心してください。

 

現場に出てからも新人研修で行われたような洗脳的な教育が継続していく。

 

こんな事が起こる事が十分考えられるのなら、その時点で方向転換を考えても良いのでは!?

 

 

 

 

 

 

 

メンタル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る