精神的にキツイ仕事

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

精神的にきつい仕事

読了までの目安時間:約 7分

 

社会人になって3年~5年以上勤めていると、そろそろ一人前として扱われます。

 

そこで、大きなプロジェクトや仕事を任されることが多くなってきますね。

 

男性の場合は、出世なども視野に入れている人もいるでしょうから、今までにない精神的な緊張があるでしょう。

 

 

大きな仕事

three-zinnen-175212_640

 

 

大きな仕事に抜擢された瞬間は「やった!!」と思いますが、その成功させなければならない、社運がかかっているとプレッシャーを与えられたら、非常に精神的にキツくなります。

 

それを乗り越えてこその一人前なのでしょうが、そのプレッシャーに耐えられる人ばかりではありません。

 

出世を視野に入れて仕事をしている人にとっては大きなチャンスですが、その他の人にしてみればプレッシャー以外の何物でもありません。

 

楽な仕事はありませんが、今までやってきた仕事と規模が違ったり、数十億というお金が動くと聞かされれば緊張するのは当然のことです

 

まして、上司にイチイチ判断を仰ぐわけにもいかず、自分がリーダーとして動かなければならない場合は、自身の経験と判断で動かなければなりません。

 

職種ウンヌンに限らず、大きな仕事というものは精神的なプレッシャーを伴います・・・。

 

 

人を使う仕事

大抵、大きなプロジェクトを行うときはチームを組む場合が多いです。

 

その人数はさまざまですが、そのプロジェクトの過程では人に指図を出すと共に、クライアントとも連絡と調整なども率先して行うことになります。

 

 

ようは自分が全ての責任を負う形になります

 

 

確実に仕事を遂行し正確かつ迅速に行う必要と、人をどう動かすかによって、その仕事が順調に進行して思った成果を出せるかという課題があります。

 

自分自身も動きつつ、進行状況を把握しつつ同僚を信頼して仕事の指示を出す場面が多くなります

 

万が一、どこかでミスをすればそれは全て自分の責任になります。

 

複数の仕事を並行して行うというマルチタスク能力が求められます。

 

それが楽しいと思えればいいのでしょうが、やってみると予想以上に精神的にキツイことを実感します・・・。

 

 

上司の目が厳しい仕事

iraq-766339_640

 

 

やはり上司の目は無視できません。

 

上司も自分を信頼して仕事を任せてくれていると思っていても、報告は欠かさず行う必要があり、それにより自分が考えている違う指示が出ることも多々あることでしょう。

 

そのような時に機転がきけば良いのですが、精神的にも余裕がない状態であれば上手に方向転換をするのは難しくなります。

 

また、上司にもよりますが、その人が居るだけで職場の空気が張り詰めることがあります。

 

仕事に手を抜かずバリバリと仕事をこなす上司であるほど、厳しい注文や確認事項も多いはずです。

 

また厄介なのが自分に厳しい上司。

 

休憩や休日の概念がなく仕事人間のため、こっちも休むに休めない・・・。

 

それにも対応しなければならないのは、かなりのストレスです。

 

 

自信がなくなる

頭の中である程度の計画や作業工程は立てているものの、どこかでミスをしてしまったり、事がうまく運ばなかったりすると、焦りとプレッシャーは際限なく膨らんでいきます。

 

そのミスを取り戻すのに遅くまで残り最初からの過程を確認したりと、作業は膨大な量になっていきます。

 

途中で自信が喪失してしまうこともあるでしょう。

 

しかし、途中で投げ出すわけにはいかない状況の場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

動揺したまま仕事を継続するとミスがミスを呼び、気がついたときには手に負えない状態になっていたということがあります。

 

それを防ぐには、ミスはミスで受け止めて上司に報告して、気持ちをリセットすることです

 

ミスを引きずっていると良いことは一つもありません。

 

また、上司に報告しにくい事ほど早めに報告すべきです。それで今後の方向性が決まってきます。

 

大手の会社がクライアントの場合、常に大きな仕事を抱えることになります。

 

請負の企業だとしても看板はあくまでもクライアントです。書類や商品の管理について厳しい規定があるのが普通です。

 

もちろん、仕事の内容もキツくなりますし、上司も責任がありますので自然と厳しくなります。

 

Wチェックは日常茶飯事、一つでも漏れがあれば取り返しがつかない仕事はいくらでもあります。

 

こんな時には、日常的にかなりのストレスに見舞われています。これを上手く解消しないと心身に影響が出るのは言うまでもありません。

 

最後に

仕事にはリスクが付きものです。その仕事が成功するか、無事に完了することが出来るか、は、日々の心構えでかなり変わってきます。

 

職場も緊張感が高まりますし、仕事中は皆がピリピリとしている事でしょう。

 

それに耐えられる人がその職場に残り、耐えられない人は辞めていくのが現状です。

 

そのような職場ばかりではありませんが、何の責任もなく楽しく仕事ができるのは特殊な仕事か、或いは新人の頃だけでしょう。

 

社会のスピードが早まっている現代では、この状況から逃れるのはなかなか難しいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

メンタル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る