上司のようになりたくない

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

上司のようになりたくない人必見の3つのアドバイス!

読了までの目安時間:約 10分

 

就職戦線を勝ち抜いて就職できたとしても、当初のイメージと違い悩む方は非常に多いです。

 

あまりのギャップに心身の不調を訴えて続けて、仕事を続ける事が困難な場合もあります。

 

職場に不安や疑問を持った時に上司の姿を見て、上司が辛い日々を送っているように見えると自分の将来の姿を重ねてさらに悩む事もありえます。

 

 

「上司のようになりたくない」

 

 

こう考える人も多いでしょう。

 

自身がその立場になれば環境が違う事はありますが、上司の姿というのは想像できる具体的な未来の姿でもあります。

 

上司のようになりたくないとお考えの方にアドバイスを送ります。

 

 

 

会社の上司の姿から未来を想像する

 

 

今の職場で将来に明るい見通しが無く悩んでいる時に、先輩や上司の姿を見て身の振り方を考えるのも1つです。

 

先輩や上司の姿は自身が現状よりも成長した場合にどういう事を行うかを確認出来る具体例です。

 

簡単に言えば自分自身の未来像とも言えます。

 

 

・上司がいつも辛そうでピリピリしている

 

・自分より早く出社して、自分よりも遅く帰宅する

 

・上層部から明らかに理不尽な要求を受けている

 

・いつも愚痴をこぼしている

 

・離婚している

 

 

こんな感じで自分が想像する明るい理想的な未来とあまりにも差がある、「こんな上司にはなりたくないな」と感じるなら現在の職場を考えた方が良いです

 

どんな職場でも厳しさがあるにしても、先輩や上司がイキイキとしていない組織には明るい未来が無いとも言えます。

 

上司は上司で経営陣から厳しい要求をされながらも、なんだかんだで支えもあり成長していける構図があったり、仕事がキツイながらも家庭と上手くやりくりをして、やりがいがあると言う職場が望ましいです。

 

 

「ああ、俺もこの人のようになりたい」

 

「おおらかで尊敬できる」

 

 

周囲の部下や同僚にもプラスのオーラが波及している。こういった職場は将来性があります。

 

逆に上司自体が会社に絶望している場所では、個人差はあったとしても将来的に絶望する可能性が高いです。

 

もちろんどこの組織でも上司が不満を抱えている事はあります。

 

あからさまに部下に絶望を露呈するような上司が多い組織というのは問題があります。

 

 

「俺も出世するとああなってしまうのか・・・」

 

「あの上司、全然幸せそうに見えないな」

 

 

こんなネガティブオーラ満載では、上司も自分も幸せなはずはありません。

 

自身が職場を変えてやるという熱意や技術力があり、上司の絶望を変えていくメンタリティーがある場合は別にして、多くの一般の社員は上司の姿から未来を想像する事は具体的な指標になると言えます。

 

 

疲れた上司がいると自分自身のキャリアもアップしない

同じ会社、同じ部署に疲れた上司がいる。

 

何を聞いても上の空で、返事もままならない。かと思えば自分よがりでいきなり仕事をふってきたりする。

 

会社の理念だけ受け継ぎ、実際の行動は伴っていない。

 

「正直、こんな上司にはなりたくないな」

 

こんな風に負のオーラをまとった上司が同じ組織内に存在すると、自分自身のキャリアもアップしません。

 

なぜなら疲れて疲弊しきった上司からは本当の意味での教育がなされない事が多いから

 

建前は会社の方針、経営理念にのっとって仕事をしているように見えてもその内情は、

 

「いかにして自分の負担を減らすか」

 

「どうやればボーナスをかすめとれるか」

 

こんな事を考えてばかりいる。

 

そのため部下や新人の教育にも、具体的な手法や数字が盛り込まれておらず、

 

 

・販売は気合と根性だ

 

・だいたいこんな感じでいい

 

・グアっとやっちゃえ

 

意味不明な擬声語などで教えられ、下の人間からみると今一どうしていいのかピンとこないのです。

 

教育水準すらもままならない人間の背中を見ていると、理念と行動が不一致な上司に不安を抱くようになり、将来の先行きや見通しが立たなくなるのです。

 

 

 

想像する未来が理想とかけ離れすぎた場合は前向きな転職を

会社の先輩や上司の姿から未来を予測し、自身にもやる気が湧いて来ない。

 

その組織で成長したいと思わないとなれば転職という選択肢もあります。

 

組織で成長して還元したくないと強く思ってしまうというのは不幸な事であり、そうなると成長するはずのスキルも育ちませんし、コミニケーション能力も高くなりません。

 

属する組織で成長したり還元したくないという思考は歪んでいると捉える方もいます。

 

ですがあまりにも理不尽な事がまかり通る組織も数多くありますし、上司を見て理想とまるで違うという場所に留まる事は望ましい事では無いです。

 

漠然とした不満ではなく、冷静に自身と周辺を見つめた上での判断ならば一度だけの人生をその組織に捧げる必要はないです。

 

今の時代には転職という選択肢だけではなく、組織に属さずに生計を立てる手段も無数にあり、働き方にはバリエーションもあります。

 

 

最後に:思い切った方向転換もあり

仕事がなんとなく嫌だ、で転職する事は望ましくないですし、単純に上司が辛そうに見えないから辞めてしまうと言う事も望ましくないです。

 

しかし上司の状態を見ながら上司とコミニケーションも取り自身の未来も重ねてみて、組織に未来を感じず変えて行く事も難しいという状況ならば一層のこと一気に方向転換するのも一手。

 

 

こんな上司になりたくない

 

こんな上司を作ってしまう組織にいたくない

 

 

こう切に思うのであれば早めに手を打つのが得策。

 

ギャップを感じて自分も変える事が出来ず、悶々とぶら下がっているだけでは時間だけが過ぎていく事になります。

 

 

 

もし転職に関して不安があるようなら、一度「転職エージェント」に相談してみませんか?

 

転職に際して一番多い理由の多くが人間関係です。

 

上司に希望を見いだせず転職に踏み切る。今の時代だからこそ、まっとうな理由になりえます。

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。経験豊富なコンサルタントが多数在籍。本気で転職を目指すなら心強し。大手も狙える。相談ベーズなのでまずは登録。こんな使い方もありです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

中小やベンチャーの案件を多数持つDODA。キャリアアップを踏まえた転職を視野にいれるなら登録して損はない。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

不安   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る