仕事 怒られる 行きたくない

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

仕事で怒られるため行きたくない人に送る処世術

読了までの目安時間:約 12分

 

会社勤めというものは学生時代とは違い、自由気ままに自分の思うように振る舞うということは出来ません。

 

会社に行けば必ず上司がいますし、与えられた仕事をしっかりとミスなくこなさなければ、怒られるのは必然のこと。

 

 

ですが怒られ方には2種類あります。

 

それは、

 

 

前向きな怒られ方。理不尽な怒られ方。

 

 

の2つです。

 

えてして行きたくない感覚に陥るのが後者の「理不尽な怒られ方」をされた時。

 

あまりにもおかしい怒られ方をしているのなら、その職場を辞めることも検討すべきです。

 

 

 

上司が自分を怒るのは成長してほしいから

 

あなたは上司が自分を怒る意味を冷静に考えたことがありますか?

 

ほとんどの場合、「どうして自分ばかり怒られなければいけないんだ?」といった感情が先に立ち、何故怒られているのかを考えることが後手に回ります。

 

通常、上司が部下を怒る場合れっきとした理由があります。

 

 

・部下の仕事がいい加減な時

 

・指摘した箇所が理由もなく改善されていない場合

 

 

上司はこういったケースで「怒る」必要に迫られるわけです。

 

入社しその会社の仕事をするということは、社員一人一人が「会社の顔」となります。

 

仕事がいい加減だと会社全体の評判も下がりますし、最悪の場合多大な迷惑をかけてしまう可能性もある。

 

そうならないように部下を管理するのが上司の役割ですから、ミスがあれば部下を叱るというのは至極当然のこと言えるでしょう。

 

あなたに成長してほしい願望も込められているのである意味、前向きな怒られ方です。

 

 

前向きな怒られ方の場合、ポイントを整理するだけ

前向きな叱られ方をされている場合、対処法は単純です。

 

 

・分からないことはハッキリと聞く

 

・曖昧な事を自分で勝手に判断しない

 

・できる仕事はどんどん自主的に取り組む

 

 

上司に怒られないようにするためには、与えられた仕事を適当にこなすのではなく、分からない部分は上司に聞くなどして完璧にこなす必要があります。

 

これくらい大丈夫だろうといった慢心が、上司の怒りを買うということも少なくありません。

 

仕事は遊びではありませんし、請け負った仕事の出来如何で会社の成長を左右する可能性もあります。ですから自分一人でやろうとせず、上司の意見なども利くという柔軟な対応が必要となってきます。

 

もちろんなんでもかんでも上司に聞いてばかりいると、逆に与えられた仕事も満足に出来ない部下だという印象を与えてしまう恐れがあります。

 

どうしてもわからない部分や、相談を必要とする事案の場合のみ、上司の意見を聞くほうが仕事に支障が出ないのではないでしょうか。

 

あとは上司と日頃からきちんとコミュニケーションをとると言うことも大事だと言えます。

 

的確なコミュニケーションが取れていないと、仕事の進行にも少なからず影響を与えてしまう可能性がありますから、日常会話などもしっかりと行うことが上司との関係を向上させることにもつながるでしょう。

 

 

問題はどう考えても、何が悪いのか理由がわからない時。

 

 

これ、かなり厄介です。

 

 

 

理不尽な怒られ方

入社した間もないため、右も左も分からない。人間関係やチカラ関係もよく把握していない。

 

不慣れなために仕事でミスをする。これは仕方のないことです。慣れずにできないのは、できないうちに入りません。

 

にも関わらず、ネチネチとあなたを攻撃してくる上司・先輩がいる。

 

 

・分からないので質問すると、「何回聞くの?」と嫌味を言われる

 

・この仕事まだ終わってないの?とできないのを分かっていて聞く

 

・いきなり意味もなく怒鳴られる

 

 

こういった不条理な怒られ方をする場合、えてして会社側に大きな問題があるといえます。

 

 

というのも人手不足の昨今、会社は人材を大切にするのが当たり前になりました。入りました辞めましたでは、採用コストはかさみますし、何より次の人材を獲得しにくい時代。

 

そのため、中小企業でも新人や新卒に対して専門の教育係がいるのが一般的です。そして教育係には社内でも選りすぐりの「できる人」が抜擢されるのが普通。

 

にも関わらず、上長の教育係にトゲがある。教え方が杜撰。なのは会社全体で人材をないがしろにしているか、不適切な人員配置をしていてそれに気づいていないかのどちらかです。

 

 

もしかしたら、あなたの会社はもうすでに同期入社した人が大勢退職されていませんか?

 

何人も辞める人がいて、その穴埋め要因としてあなたが入社採用されていませんか?

 

 

入った人間がすぐに辞める場合、ほとんどが会社側に問題があります。

 

 

不適切な人間が上司になっている

 

会社が教育係の人材を問題視していない

 

 

問題が放置されている会社の場合、会社に行くと怒られるから行きたくないという感覚は決して間違えていません。

 

 

 

理不尽な会社で無理して頑張るのはもったいない

 

そういった上司・会社の場合、いくら歩み寄ろうとしてもその距離は全く縮みませんし、一度上司に目をつけられてしまった場合攻撃対象となってしまうため更に状況が悪化する可能性が極めて高くなります。

 

その上、会社も無駄に上司を信頼しているため、あなたとの関係性はリカバリーされません。

 

改善はまず無理だと言えますから、会社を辞めるということも視野に入れたほうがいいです。初期の合わない感覚が、後々になって大きく改善されることはあり得ません。

 

仕事というのは人間が集まって行うものですから、相性の悪さは仕事の効率などにも大きく影響をしてきます。

 

何より我慢して仕事を続けることで、精神的に病んでしまうという最悪の結果も考えられます。

 

むしろこんなおかしい会社を選んでしまったのは、自分のリサーチ不足だったと割り切ってしまった方が賢明でしょう。

 

今、市場はかなりの売りて市場です。人手不足もあいまって、ホワイト企業にもかなり入りやすくなっています。

 

人間関係の劣悪なブラック企業でわざわざ働くのはもったいなさ過ぎですよ。

 

 

 

転職市場がどれだけ活発なのか見てみませんか?

もしあなたが、入社したもののすぐに辞めて次があるのだろうか?と不安をお抱えなら、一度「転職エージェント」に相談してみませんか?

 

もちろん年齢やキャリアにもよりますが、どの会社も人材を欲している現実は変わりません。

 

もう一度繰り返しますが、不条理な怒られ方をするような劣悪な会社で働いているのはもったいないです。

 

一日に8~10時間近くを過ごす会社で、行くたびに気分が重くなるなんて、なんのための人生か分からなくないですか?

 

一層のこと、辞めてしまって 次にチャレンジする。今回の失敗をカテに次がしっかりリサーチする。

 

重要なのはどう立て直すかです。

 

転職エージェントなら、そんなあなたの失敗を繰り返さないようフォローをしてくれます。

 

無理して頑張る必要のないことだって世の中たくさんあるのです。

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人におすすめ。

 

面接対策や効果的な職務経歴書の書き方などもしっかり指南してくれます。

 

業界の内部情報にも長けているので、次こそは転職で失敗したくないという方にはうってつけ。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る