就活 親うるさい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

親が就活しろとうるさい人に送る3つのアドバイス

読了までの目安時間:約 6分

 

現代の日本には働かずに家にいるニートと呼ばれる若者が非常に多いといわれています。

 

ニートが増えた原因は就職活動に失敗したケースや、企業が内定を取り消してニートになってしまったケースなど様々あるようです。

 

やはりニートというのは生きていく上でプラスには決してならない状態ですので、出来るだけ早くその状態から脱する必要があります。

 

 

 

 

親がうるさく言ってくるのは何故?

実家にいてニートという状態の場合、ほぼ必ず親がうるさく言ってくるのではないでしょうか。

 

これは実家暮らしだから仕方がないといえるかもしれませんが、何故うるさく言ってくるのかを考える必要があります。

 

 

まず一つ目は、ニートで家にいる状態が決して良いものではないと親はわかってるからです。実家に住んでいるということが一番の問題点なわけで、実家暮らしの場合一人暮らしと違い家賃や生活費の心配がないため、危機感を持っていないといえます。

 

この危機感の欠如がニート暮らしを長引かせてしまう原因となっていることを親はわかっているため、口うるさく就職しろ、仕事しろと言ってくるわけです。

 

もしも一人暮らしだった場合、生活するためにバイトでも何でもして生活費を稼ごうと努力するはずですが、実家という安心感がニートであることを助長させてしまう原因となっているのではないでしょうか。

 

次に考えられるのは、就職できなかったから仕方がないと諦めてニートになりずっと家にいる状態を良しと感じていないからです。

 

仮にニートになった場合でも、仕事を探す努力をしていればそれほど口うるさく言ってくることはないでしょう。

 

しかし多くのニートの場合、現在の状態に満足しているのか、就職を諦めているのかわかりませんが、率先して仕事を探そうとしないという場合が多いと聞きます。

 

その状態を常に見ているわけですから、口うるさく言ってくるのも仕方がないのではないでしょうか。

 

 

うるさく言われるのを黙らせるには?

うるさく言ってくる親を一時的にでも黙らせるためには、やはり自分自身がきちんと仕事を探しているという姿勢を見せる必要があります。

 

 

家にずっといて何もしない姿を見せているからいつもうるさく言われるのであって、仕事を探しに行くフリでもいいので家から出るということが非常に大事なことだといえます。

 

家に居なければ口うるさく言われることもありませんし、もし帰ったときに何か言われそうになったら、仕事を探していたと言えばとりあえず親も何も言えなくなる場合が多いでしょう。

 

仕事を探す気になったと感じさせるだけで、親も安心してくれますし、頑張っているのだから見守っておこうと、口うるさく言うのを止めてくれる場合が多いでしょう。

 

 

ニート状態からの脱出

とりあえず家から出て街を歩いてみるだけでも、現在の自分の状態がどのようなものなのか、このままでいいのかなど、自分自身を見直すきっかけになると思います。

 

 

街を歩いてみるとアルバイトなどの募集もあるでしょうし、職業安定所に行ってみれば、仕事を選り好みしなければ何かしらの仕事を見つけることが出来るでしょう。

 

ニート状態が長期化する最も大きな原因は、自分自身を見つめなおすことをしないということです。実家だからという甘えや、就職できなかったという引け目が社会に出ることを無意識のうちに拒んでしまうというケースも多いといいます。

 

最初は親を黙らせるために就職活動を行っているフリだったとしても、それがターニングポイントとなり本気で就職活動に結びつくことに繋がる可能性があります。

 

ニートという状態は、百害あって一利なしの状態であるということを自分自身で自覚して、そこから脱出するための努力を行わなければいけないでしょう。

 

親も頑張っている子供には口うるさく言ってこないでしょうし、うるさく言っているけれど陰から支えてくれるのも親なのですから、その支えに甘えることなく自立することが就職活動に繋がる方法だと思います。

 

 

 

 

不安   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る