上司 合わない

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

合わない上司の下では働きたくない。嫌な上司はどのタイプ?

読了までの目安時間:約 9分

 

職場での人間関係は、仕事の段取りをスムーズに進めるにあたって非常に重要です。

 

誰だって嫌いな人間と同じ空間にはいたくありません。

 

しかし職場に行けば、ほぼ高い確率で顔を合わせますし、会話をしない、という選択肢はありません。

 

上司と「合わない」と思っている会社員は多いです。

 

そんな上司と、「合わないな」と感じる場面を挙げてみました。

 

 

 

 

指示がいい加減な上司

8553474140_c50cf08708_z

 

指示が曖昧だと混乱しますよね。

 

質問しても、欲しい答えが返ってこない。

 

ますます、頭を抱える事態になることでしょう。

 

 

自分なりに努力して、なんとか形にして提出しても、

 

 

 

 

どうして相談しなかったんだ!

 

頭使ったのか!?

 

 

 

と頻繁に怒鳴られれば、

 

 

 

 

こんな会社辞めてやる!

 

 

 

と誰だって辞表を叩きつけたくなります。

 

 

 

仕事とは、上司に言われたことだけしてればいい、というものではありません。

 

自分で考えて行動することも必要です。

 

指示待ちでは「何サボッているんだ」と怒られてしまいますよね。

 

自分の頭で考えて行動し、試行錯誤を繰り返すことは、自分自身の経験や成長に繋がります。

 

 

 

ただ、上司がろくな説明や指示も出さない。

 

部下が理解していないのも明白な状況で放置し、困った時も手を差し伸べない。

 

 

 

このような場合、部下の成長は期待できるでしょうか。

 

 

忙しい中、手取り足取り教えるべきという訳ではありませんが、部下の成長を促し、管理することも上司の責任です。

 

 

 

入社して、何年経っても上司とそりが合わない。

 

 

 

そういった悩みを抱えたまま仕事をするようでしたら、転職を検討してみましょう。

 

他の会社を見ることで、一人で抱えていたストレスが、思っていたよりあっさりと解消されることがあります。

 

 

 

 

仕事に対してやる気の無い上司

2443118970_162d3149e3_z

 

働き蟻もミツバチも、全員が一生懸命働いている訳ではないという話は有名です。

 

これは、多くの日本の会社にも当てはまります。

 

大きな会社ほど、冷や飯食いの人間がいます。

 

 

 

現代語で言うなら、「社内ニート」。

 

 

 

仕事に対してやる気がないので、大半の時間を潰すことに慣れていたりします。

 

 

例えばこんな上司はいないでしょうか?

 

 

 

・仕事に対する情熱が無い

 

・自分勝手な言動をする

 

・携帯が繋がらないことが多い

 

・行き先を示すホワイトボードに取引先の名前を書くも、いつの間にか直帰になっている

 

・のんびり自分の机や休憩室でお茶を飲んでいる

 

・ネットサーフィンばかりしている

 

・思い出したかのように部下に対して見当違いな指示を出す

 

・突然、会社の光熱費や電話代に対しての経費削減案を求める

 

 

勤務年数が長い場合、偉い役職に就いていることが多いので、他に注意出来るような人がいなかったりもします。

 

根が真面目な方ほど、こんな上司とは合わないと感じるのではないでしょうか?

 

 

感情的で、頻繁に怒り出す上司

7901930884_c5a4c9d969_z

 

人間とは感情の生き物です。

 

機嫌が悪いときもあれば、体調の優れないときもあります。

 

ただ、それを仕事に持ち込み、部下に当り散らしたりするのは社会人としてあってはならないことです。

 

いきなり、そんな場面に遭遇すれば放心状態になるかもしれません。

 

大げさに机を叩いたり、「どいつもこいつも使えない」と皆に聞こえるように社内で呟いたりして常にイライラしている上司と付き合うのは仕事の業務よりも大きな負担がかかることでしょう。

 

心にも無いお世辞を並べたり、ご機嫌を取ったりするのは疲れますよね。

 

 

 

最後に

2246558373_abc3f0f560_o
上司というものは、入りたての新人からすれば、偉い人、です。

 

それを否定する訳ではありませんし、縦社会では当たり前です。

 

ただ、必要以上に傲慢な態度をとってきたり、上から目線で物事を話されれば誰だって嫌気が差します。

 

もし、あなたが入社して一年満たない新人だと仮定します。

 

何か問題が発生したときに、いち早く上司に報告し対応に関するアドバイスをもらうのが適切な対応ですが、もし、上司との人間関係がぎくしゃくとしたものなら、自分自身でどうにか解決しようとするかもしれません。

 

無事に解決出来れば、問題ありませんが、取引先やお客様から取り返しのつかないクレームを受けた場合、大変な事態になります。

 

仕事は一人でするものではありません。

 

会社の同僚や上司とチーム一団になってするものです。

 

だからこそ、会社という形態が存在するのです。

 

人間なので、合う合わない、は誰にでもあります。

 

それが悪い訳ではありませんし、努力では、どうしようもならないこともあります。

 

ドラマのように、正しさや正義で勝てない場面も多々あります。

 

上司は「あなたのお友達」ではありません。

 

友達や恋人と違って選ぶことは出来ません。

 

色んな人に相談したり、気分転換にスポーツをしてみたり、自分の中で整理をしたり、とことん悩んだりするのも良いことかもしれませんが、今の時代、転職という手段も当たり前になっていますので、一度、他の会社に目を向けてみるのはどうでしょう。

 

選択肢のひとつとして、考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る