社長 合わない 退職 辞めたい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

社長と合わないから辞めたいはダメじゃないよ。すぐに退職すべし!

読了までの目安時間:約 14分

 

社長の理不尽なやり方に心底ウンザリ・・・。

 

ワンマンで自分勝手なふるまいにもう限界・・・。

 

中小企業で働いていると、経営者との距離が近いこともあり、社長の一挙手一投足が目につくようになる。

 

日々の日常を共に過ごすために、あらゆる側面がみえてしまう。

 

仕事であるため人間として嫌な側面も存分にみえ、その上で会社代表としての社長を見た時に、

 

 

「この人とは合わないな」

 

 

こういった結論にいたることは全然おかしいことではない。

 

 

あなたが今の会社の社長と合わずに辞めたいと考える事は、決して甘えではありません。

 

すぐに退職した方がいい理由と、その後、次の会社に行く際のポイントを紹介します。

 

 

 

中小企業の理不尽な社長

大手企業や、連結しているような大会社では、部署ごとにセクションが細かく切り分けられているために経営者と直接仕事をすることはほとんどない。

 

現場に顔を出すのは何かの視察や大きな問題が起きたときぐらいで、社長の名前は知っているがあったことはない。こんな社員も多い。

 

ともあれ「社長と合わずに辞めたい」と考える人の多くが、中小企業の社員です。

 

そして合わないと感じる最大の理由が、

 

 

・理不尽

 

・ワンマン

 

 

この2点に集約される。

 

大手企業の場合、上場していると株主の意見も経営方針に関わってくるため自分の考えだけを押し通すわけにはいかない。

 

一方で中小企業の社長といえば、ほとんどが我が一代で会社を築き上げてきた人か、代々受け継いできた2代目3代目社長が多くを占める。

 

「おれは我が一力でこの会社を育て上げた!」

 

という今では少し古臭い考えを持っている人が多いため、「理不尽」で「ワンマン」になってしまうのは否めない。

 

厄介なのが、自分の経営方針に絶対的な自信を持っているところで、会社としての理念や手法ならまだしも、従業員の扱いや処遇にも屈折した考えが浸透している。

 

 

・社会保険が完備されていない

 

・入社にあたって雇用契約書がない

 

・個人の私生活や考え方にまで口出ししてくる

 

・今だに長時間労働が美徳

 

 

 

こういった事が普通に起こるのです。

 

 

特に辞めたいと思わせる要因が、個人の私生活や考えにまでズカズカ踏み込んでくる点。

 

社長と合わずに辞めたいと考える人の多くはここでぶつかる。

 

 

 

自社(社長)の考えに合わない人は徹底排除

サラリーマンは組織としてやっている以上、会社の意向にそって業務を進めていくことは普通の事です。

 

「このやり方はちょっとなあ」

 

と感じる部分でもその手法が会社にとって最善で結果も出していれば、四苦八苦しながらもなんとか順応しようとします。

 

しかし、業務とはほとんど関係のない部分にまで介入される時。

 

 

・趣味

・休日や仕事後の過ごし方

・恋愛観

 

 

こういった仕事とは関係がないところにまで口を挟んでくる面倒くさい社長もいる。

 

 

「お前も休日は映画ばかりみてないで、ジョギングをしろ!」

 

「同棲するくらいなら一層のこと結婚しろ」

 

「〇〇さんの書籍をよく読め」

 

 

ここに共感できないようなら、仕事もろくにできないヤツといった偏屈したフィルターで評価されてしまうのです。

 

会社が小さいがゆえに、社長の世界観も狭い。

 

こんな事も辞めたくなる要因になる。

 

 

社員の前向きな反発を聞けない社長は伸びない

 

あなたはもしかしたら現況を少しでも改善させようとして、社長に対して意見を申し出たのかもしれません。

 

身近にいる社長だからこそ、その性格を熟知し、言葉やシーンをよく吟味し意見を進言する。

 

 

・会社の労働環境を良くしたい

 

・業務の効率を上げ売上を伸ばしたい

 

 

高い問題意識があるからこそ、こういった繊細で大きな発言をする。

 

にも関わらず、数少ない社員の改善提案に全く耳を傾けてくれない。

 

聞かないどころか、自分のやり方・考え方に合わない異端児のような扱いを受けて、以降仕事を振られなくなったりする。

 

 

社長と合わずに辞めたいと一番強く感じる瞬間って、

 

 

こっちが真剣に向き合っているのに、相手が全く向き合ってくれない時

 

 

です。

 

「この人には何を言っても無意味・・・。」

 

こう感じるようになってしまう。自分は大きな問題だと思っていることが、相手にとっては問題になっていない。取り合ってもくれない。

 

これはもう会社を辞める時期ですね。

 

なぜなら、

 

 

前向き意見を聞かない

会社の問題点が改善されない

売上上がらず、待遇が変わらない

あなた自身も成長しない

 

 

こんなループにハマのが予測できてしまうから。

 

今あなたが辞めたいと感じる裏には、こんな図式があるのではないでしょうか?

 

 

 

辞めようとすると引き止める社長の本質

会社の考え・やり方に疑問を感じ、退職の意向を伝えます。

 

すると、今まで散々ダメだしをしてきたあの社長が、急にきびすを返したかのようにあなたを引き止めにかかります。

 

「給料に不満があるのか?」

 

「休みが少ないからか?」

 

などの理由を根掘り葉掘り聞きながら必死に引き止めてくるのです。

 

 

これは典型的なダメなパターン。

 

 

なぜなら、いち経営者であるにも関わらず、何かアクションがあってから慌てて行動を取っているから。行動が後付なのです。

 

優秀なビジネスマンほど、問題が起きてからようやく対処するのではなく、事前にその問題が起きないように消し込む準備をとります。

 

会社を取りまとめる社長であればなおさらで、何か事が起きてから動くなどということは、その場その場で感情に振り回されていると考えられます。

 

社長の一連の行動はどこかで必ず経営にもでますので、万が一問題があがった時に、感情で対応しようとしてもうまくいくはずがありません。

 

この理由からもなおのこと、会社を退職した方がいいことを後押します。

 

 

また中には、辞める人間に対して常套句のように、

 

 

「おまえ逃げるのか?」

 

 

といったフレーズを使う経営者がいます。

 

仕事がきついから大変だから、嫌なことが多いから辞めるんだろ?といった事に対して言っているのでしょうが、その本質は違います。

 

経験上、「逃げる」という単語を使う人は、相手が自分の都合通りに動かなくなるといったシーンに直面すると使う傾向があります。

 

今まで自分の言いなりになってきた人間が、今回退職する=自分の言いなりにならなくなる。という実態を受け、「逃げるのか?」などと言っているのです。

 

 

また、逃げるという言葉には、「逃げる=格好悪い、困難に目を伏せる行為」といったニュアンスが盛り込まれる事が多い。

 

 

そのため、

 

「おまえ逃げるのか?それじゃ俺の都合が悪いじゃないか!」

 

とはいえないので、

 

「おまえ逃げるのか?大変なことから目をそらすなんてかっこ悪いぞ!」

 

と自分に都合よく置き換えているのですね。

 

 

逃げるを自分のいいように使いまわしている都合のいい人間と解釈すべきでしょう。

 

 

社長に合わず辞めた場合、次の面接でどう説明するのか?

今の会社にいても成長できないのは分かった、でも辞めて次の会社に入社する際に、どういった説明をすればいいのか?

 

まさか「社長と合わなかった」などとストレートには言えまい・・・。

 

こんな疑問が生じるでしょう。

 

ポイントは1つです。

 

 

次に行く会社では、前に在籍していた会社の難点が解決できる理由があったから

 

 

ここをいかに見いだせたかを説明できるかがポイントです。

 

 

例えばストレートに、

 

「前の会社の社長はワンマン過ぎて何も意見を聞き入れられなかった」

 

とは言えません。

 

そうではなく、

 

 

「会社を良くしたいと考え、場所やシーンを選んで改善提案を申したが、なかなか意見が通らない事実に将来的な不安を感じた」

 

と切り出し、その上で、

 

「御社には、末端の社員でも意見を吸い上げる社長への意見箱もあると聞き、上下の報連相がしっかりしている点に魅力を感じた」

 

 

上記は一例ですが、方針には納得できない部分があり最善の努力をしたものの、それが前の会社では実現できなかった旨を伝えます。

 

その上で、次の会社には実現できるベースに魅力を感じている事を伝えられればベスト。

 

前の会社にはない魅力が、御社にはありますよねという当たり前の事実を伝えるだけです。

 

今の会社(社長)の問題点を深く理解できていれば、自然と差別ポイントが浮き彫りになってくるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る