今の会社とにかく各辞めたい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

今の仕事をとにかく辞めたい人へ!

home-office-593380_640

 

 

 

・今の職場の苦痛から即刻解放されたい

 

・上司の無意味な小言に我慢できない

 

・今の給料が不条理に低すぎてやってられない

 

・朝起きるのさえも憂鬱

 

 

 

 

 

上記の事は仕事をしていて誰もが直面する問題ですね。

 

 

 

大抵の人は、

 

仕事ってそうゆうもの。

 

社会人たるもの我慢も仕事の内だ。

 

そんな風にとらえている人も多いことでしょう。全うな意見だと思います。

 

 

 

もし本当にこのまま今の職場でもいい、仕方がない。と感じている人はこれ以上読み進めても意味が無いので、ここでページを閉じて下さい。

 

 

 

 

しかしとにかく現状をなんとかしたい。頭で思っているだけでなく実際にこの現実を変えたい。

 

 

 

 

 

本気でそう考えている人は是非このまま読み進めてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

理不尽な会社に我慢する必要はあるのか?

2016y05m01d_152314040[1]

 

 

お金を稼ぐ以上は大変さが付きまとうのが仕事というものです。

 

それ故に、ある一定の我慢や忍耐が強いられるのはもはや周知の事実でしょう。

 

 

上記の画像は転職サイト「リクナビNEXT」の仕事を辞めた人の本音理由ランキングです。

 

 

どうでしょうか?

 

 

仕事を実際に辞めた人は、その本音として

 

 

・上司や社長のやり方が不満

 

・労働時間が長すぎて

 

・同僚や先輩に変な奴がいた

 

 

 

から辞めた人がほとんどなのです。

 

上位3位までの累計48%が、こういった会社の不遇な扱いを理由に辞めているのです。

 

最も健全っぽい理由の「キャリアアップしたかった」に関しては、全体のわずか6%しかありません。

 

 

 

よく仕事を辞めたい事を相談するとこんな事を言われませんか?

 

 

・どこの会社いっても変わらないよ

 

・3年間は我慢しなきゃ経歴にならないし

 

・仕事が嫌で辞めても同じこと繰り返すだけ

 

 

 

 

こういった内容の事を、特に一つの会社で長期間頑張っている人ほど言ってくる

 

 

しかしここで客観的に考えてみて下さい。

 

長期間同じ会社で勤めている人のアドバイスって、得てして会社都合に偏っている事が多い。

 

それもそのはずで、ドップリ会社に浸かってしまっている人の意見て会社側にテイの良いことばかりを日々言われ続けているから。

 

 

人材が辞めてしまえば、採用コストをロスしてしまうし、教育のプランも頓挫してしまう。

 

てなった時に、残業代を払わなくても文句も言わず我慢してやってくれる人であれば、会社側は大歓迎なわけです。

 

会社にとって都合の良い事を振りまく人間になるように仕立てられている訳ですね。

 

 

こういった人間は会社に洗脳されている。

 

 

なので、こんな人たちの意見って、会社側が扇動した単なる引き止め工作にすぎないんですよね。

 

 

 

だってその証拠に、48%の人が会社から不遇な扱いを受けて退職してるんですよ。

 

 

結局なんだかんだ言われても辞めてるんです。仕事を。

 

 

だって耐えきれないんですよ。

給料低いし。

帰れねえし。

意味わかんねえ奴多いし。

 

 

もちろんそういった類の人はいわゆる「本音」は言いませんよ。

 

それっぽい建前を作って、転職しているのですね。

 

 

 

不遇な扱いで仕事を辞めた人はどういった建前に変換させたのか?

実際問題として、今の仕事を辞めたいけど会社にどうやって切り出して良いのか分からなかったり、次の面接でもどんなポジティブな説明をしていいのかサッパリ分からない人は多い。

 

こういった悩みが足かせになってしまって、結局今の職場にズルズル在籍してしまっている人はかなりいる。

 

 

しかしそうはいっても辞める人は辞めている。

 

 

よく会社を去っていく人が辞める理由としてこんな文言を聞くことがありませんか?

 

 

「〇〇さん、親の介護で実家に帰らなきゃならないんだって」

 

「友達が会社起こすので声かけられたらしいよ」

 

「自分の可能性を広げるために、ジャンルを変えてチャレンジしたい!」

 

 

 

退職の際にこんな言葉をよく聞きますが、こんなの全部ウソですよ。

 

 

100%全てウソとは言い切れないかもしれませんが、実際にこの通りの理由で辞めていく人は少ないです。

 

大抵の人が、本当は、

 

 

・会社のやり方が気に入らないから

 

・拘束時間が長すぎるから

 

・うざい上司がいるから

 

・給料が低すぎるから

 

 

 

こういった本音理由で辞めているのですね。

 

本音の理由をそっくりそのまま言ってしまったらカドがたつし、実際次の会社の面接を突破するためにも何がしかのカバーをする必要が出てくる。

 

 

退職に関して本音を上手くカバーリングする技術が必要になってくるのです。

 

 

しかし一体どうやって本音の理由を「テイの良い」形にしたのか?

 

自力で思いついたのか?

 

 

実はこういう人達はみんな他人のチカラをかりています。独力でなんとかしようとすると必ずボロが出てしまうから。

 

 

言えば転職の専門家達のチカラを借りている訳ですね。

 

 

 

 

転職のプロでもある転職エージェント

今更転職エージェントかよ!とか言わないで下さいね。

 

ご存知かもしれませんが、転職エージェントは単に転職案件を紹介するだけの業者ではありません。

 

 

・職務経歴書の効果的な書き方を教えてくれる

 

・就活のスケジュール作成を代行してくれる

 

・綿密な面接対策を行なってくれる

 

・今の職場の退職交渉のアドバイスをしてくれる

 

・人生相談にのってくれる

 

 

 

挙げ出したらきりがありませんが、いざ仕事を辞めると決意したらこれを使わない手は無いというぐらい必須な存在と言えます。

 

言ってみれば転職エージェントは、今の仕事を辞めたいアナタの味方といっても過言ではないのです。

 

 

 

 

ネガティブな退職理由をポジティブな退職理由に

・会社のやり方が気に入らないから

・拘束時間が長すぎるから

・うざい上司がいるから

・給料が低すぎるから

 

 

こういった理由で仕事を辞めた人達は、実態として具体的にどのような変換を行なったのでしょうか?いかようなアドバイスを貰ったのでしょうか?

 

 

転職エージェントを利用すると、具体的な退職理由のカウンセリングを行なってくれます。

 

例えば、あなたが

 

「拘束時間が長すぎるから」

 

「うざい上司がいるから」

 

といった理由で今の職場を辞めたいと考えているとします。

 

 

すると転職エージェントは、「拘束時間が長すぎるから」「うざい上司がいるから」といった理由で辞める人間の事を、紹介する会社側が客観的にどうゆうイメージであなたの事を捉えるのかを詳細に説明してくれます。

 

 

「拘束時間が長すぎるから」は会社側からすれば「忍耐力のない人」で、

 

「うざい上司がいる」は「上司とコミュニケーションをとるのが苦手な人」。

 

 

上記は一例にすぎませんが、紹介先の会社がどうゆうイメージを持つのかを解説してくれます。

 

その上で、じゃあ一体、どういった言い回しにすれば好印象を持たれるのかをあなたと打ち合わせをした上でアドバイスしてくれる。

 

 

 

あなたの本音:「拘束時間が長すぎる」

エージェントの改善案:「ダラダラ残業するのではなく能率良く作業できる御社に魅力を感じる」

 

 

あなたの本音:「うざい上司がいる」

エージェントの改善案:「報連相を徹底して上下関係の風通しの良い社風の中で働きたい」

 

 

 

このような案配で、ネガティブな退職理由をポジティブな言い回しに変換してくれるのです。(あくまでも一例です)

 

 

今の時代、仕事を辞めたいと思わない人の方が少ない。

 

それはひとえにこのまま今の会社でやっていても何も変わらない、改善されないという無希望感によるものが大きいからです。

 

その証拠に同期や先輩、上司でさえも会社の愚痴ばっかり言ってませんか?

 

 

愚痴を言っていても行動しなければ一切なにも変わらず、現状が続いていくだけです。我慢して今の会社にダラダラ在籍している事が一番のリスクとも言い換えられます。

 

転職エージェントはそんな仕事を辞めたいあなたの強い味方と言えます。

 

 

 

 

 

転職エージェントは一件に絞る

転職エージェントが色々なアドバイスをしてくれる事を紹介しました。

 

しかし実際のところ転職市場も活況なため、どの転職エージェントを選んでいいのかサッパリ分からないよ。

 

こういった方も多いことでしょう。

 

人によっては複数の転職エージェントに登録しまくって、「数撃ちゃ当たる」的な事をいう人もいるかもしれません。

 

 

しかし断言します。転職エージェントは一件に絞って活動すべきです。

 

 

ましてや転職経験のない人、少ない人、今の会社に疲れている人ほど一件に絞った方が良いです。

 

なぜならこういった方が色々なエージェントに登録しまくると、スケジュールが過密になってしまったり、色々な情報に振り回されてしまう可能性が高い。

 

 

そうなると、ただでさえ精神的に疲れているものだから、

 

 

「転職活動なんてめんどくせえ」

 

「別に今の会社のままでもいいや」

 

 

こういった事に陥ってしまいます。すると結局今の会社に在籍し続ける事になり、再度モンモンとした感情を抱くという無限ループにはまりかねない。

 

いつまで経っても単なる不平不満を言い続けているだけの存在になってしまう。

 

そうならない為にも転職エージェントは一件にしぼり就活を行った方が、より自分の未来が切り開かれます。

 

 

 

 

 具体的にどの転職エージェントがいいのか?


具体的にどの転職エージェントが良いのか?

 

 

ズバリそれは「リクルートエージェント」です。

 

【リクルートエージェント】

 

なぜか?

 

 

・様々なジャンルの案件を豊富に持っている

 

・キャリアコンサルタントが多数在籍している

 

・業界知識に精通している人が非常に多い

 

 

 

 

リクルートエージェントといえば業界最大手の転職エージェントです。

 

社歴も長い為、紹介できる案件を多数持っています。また、それ故にそれぞれのジャンルで業界に精通した人が非常に多いのです。

 

リクルートエージェントの最大のメリットは経験年数の多いスタッフが多数在籍している点と言えます。

 

 

経験が深いということは、色々な悩みを持った転職者により多く接触している事を意味します。

 

中には「こりゃ流石に転職は無理だろ~」といった人達もいたはずです。

 

しかしそういった人達からも自ら学んで、親身にアドバイスをし転職を成功させてきたからこそ今の業界最大手の不動の地位を築いているとも言い換えられます。

 

 

手厳しいアドバイスを受ける事もあるかもしれません。

 

しかしそれは、本当に仕事を辞めたいあなたの事を思ってのアドバイスでもあります。

 

 

転職エージェントは転職を成功させて始めて報酬を得ます。

 

転職希望者を転職させられなかったら、会社として利益が出ずにやっていけない訳です。

 

 

その為、転職エージェントにとっての質の良いお客様とは、

 

 

本当に今の仕事を辞めたい人

 

 

と言えます。

 

そして実際にそうゆう属性の人を成功させてきた実績が、今のリクルートエージェントの地位でもあるのです。

 

 

 

冒頭の事をもう一度言います。

 

転職希望者のほとんどが、

 

 

・会社のやり方が気に入らないから

 

・拘束時間が長すぎるから

 

・うざい上司がいるから

 

・給料が低すぎるから

 

 

 

こういったネガティブな理由で退職してます。

 

 

しかし結果として、転職エージェントを利用し成功している。

 

 

今の仕事を本当に辞めたいと考えるなら、転職エージェントを使って現状を脱出する糸口をつかんでみませんか?

 

 

【リクルートエージェント】

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る