保育士 他業種 転職

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

保育士から他業種への転職は可能か?

読了までの目安時間:約 9分

 

ストレス、人間関係、保護者関係など様々な不安要素が渦巻く「保育士」。

 

この職場環境にうんざりしていませんか?

 

「子供は言うことはきかないし、自分の思っていた保育士とは違う!」

 

こう考えている方も多いことでしょう。

 

では、保育士の方々が「今、転職したい!」と考えた場合、保育所以外にどのような職種が合うのでしょうか?

 

保育士から他業種への転職は可能なのでしょうか?

 

 

 

保育士をしている人の特性とは?

 

あなたに合う職種を見つける前に、保育士という仕事をしていたあなたの特性を見つめ直してみましょう。

 

保育士の仕事の対象者は基本的に5歳以下の子供です。その年齢層にはもちろん乳幼児も含みます。

 

未熟でわがままな子供たちの相手をしていた保育士の方々は、「寛容」であり「柔軟な感情切り替え」ができる人が多いのではないでしょうか。

 

この二つのポイントは、四六時中感情がコロコロ入れ替わる子供に感情移入して、一緒に過ごし、お世話をしなければいけない仕事ということなので十分な根拠が見て取れますよね?

 

また、加えて「優しすぎる」「我慢強い」ということも挙げられます。

 

子供たちは悪い意味でも天使です。

 

無邪気な顔をして物を投げたり、ひどい言葉を投げかけたりしてくるでしょう。

 

その言動に耐えなければいけなかった保育士の方は総じてこの二つのポイントを持ち合わせていることでしょう。

 

上記4つのポイントは多くの保育士さんに当てはまるポイントだと思います。

 

 

・寛容

 

・柔軟な感情切り替え

 

・優しい

 

・我慢強い

 

この4つのポイントを活かせるほかの業種と言えば、なんでしょうか?

 

 

保育士さんの転職~同業種~

保育士さんが転職する先はどういうものがあるのか。

 

「子供が好き、保育士の資格を活かしたい、知識を活かしたい」

 

という方が多いと思いますが、もし子供と触れ合っている仕事が好きなら、職場は保育士だけではありません。

 

職種名としては何が適当か、と問われれば難しいのですが、子供を集めて開くお料理教室や、自然活動などの講師補助やアドバイザーになることができます。

 

 

最近広告や企業のアピールで見かけませんか?

 

 

「〇〇企業は~~地域で子供たちと共に植樹活動をしています」

 

「〇〇加工食品は、~~で子供たちを集めてお料理教室を月〇回開催しています」

 

上のようなアピール文句は一昔前からかなり流行り始めました。企業のイメージアップから、株価市場の値などをあげるためです。

 

もちろん、彼らは嘘を言っているわけではなく、実際に企業がスポンサーとなって活動をしています。

 

そのような活動をするためには、講師が必要ですよね?

 

それと共に、アドバイザーやサポーターが必要なわけです。会社によってはそのサポート専門の求人が出ていることもあります。

 

もちろん、保育士さん転職専用のサイトも多々あるので見てみましょう!

 

保育士の仕事をやめても、子供に関する知識や接し方が必ず役に立つはずです。

 

 

人間関係の良い保育園を探すなら

 

 

保育士さんの転職~別業種~

保育士の方が保っている特性「寛容さ」と「柔軟な感情の切り替え」が役立つ職種とは基本的に二つあります。

 

 

それは「介護」と「サービス業」です。

 

 

前者は、日本の高齢化に伴い求人はほぼ毎日出ていますし、専門資格を持っているとお給料はもっと高くなります。

 

また介護と言ってもお年寄りだけをお世話するのが介護というわけではありません。

 

少し障害を持っていて、公営保育園で預かってもらえなかった子供たちが通う施設などもたくさんあります。

 

「ん?子供相手だと保育と変わらなくない?」と疑問に思う方、これは全くの別業種になります。なぜなら、運営元が違うからです。

 

保育所は自治体や、個人の運営者など、こちらの施設はNPOなどの法人団体が寄与していることがほとんどです。

 

もちろん、お金の出処も違いますので、賃金に差が出るわけです。

 

後者のサービス業ですが、日本のサービス業は世界でも通用するほど多様化しています。

 

サービスを提供すべき年齢層が既に子供にまで広がっているのですから。

 

家政婦なども、一種のサービス業に分類されます。子供と一緒に遊ぶ人を求人している個人依頼者もあります。

 

そのような依頼を請け負う登録会社が、今の社会には大きく台頭してきています。

 

もちろん、お客さんには理不尽な要求やきつい言葉を投げかけてくる方もいるかもしれません。

 

しかし、常識も言葉も伝わらない年齢の子供を相手に毎日仕事してきていた保育士さんのあなたにとっては、まだ常識があり、言葉が通じる接客業は全く苦にならないでしょう。

 

少なくとも、今まで得てきたストレスの軽減化が図れるのです。

 

ここに紹介した二つの業種以外にも、あなたの知識や経験、そして特性が活かせる仕事はたくさんあります。

 

その中で、自分の判断にそって納得のいくものを選べばよいのです。

 

怖がらずに、まずは一歩を踏み出しましょう!

 

 

 

参考:保育士から他業種への転職をお考えなら

もしあなたが本気で他業種への転職をお考えなら、転職のプロ「転職エージェント」を使ってみるのも一つです。

 

あなたの予期せぬ魅力を発見してくれ、転職成功に導いてくれる。こんな体験をした人も沢山います

 

まずは相談だけでもという姿勢から利用した人がほとんどです。

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人におすすめ。

リクルートは社歴も長く経験値が深いため、何かの事情でで辞めにくいあなたの悩みも援護してくれます。コンサルタント多数。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育士特集   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る