人事異動 体調不良

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

会社の人事異動により体調不良を起こしたら

読了までの目安時間:約 11分

 

人事異動や転勤など、会社での急な環境の変化で体調を崩される方もいらっしゃいます。

 

その症状は身体的なものから精神的なものまで本当にさまざまです。

 

こういった体調不良は「自分は絶対大丈夫」などと思っていても、実は誰にでも起こりうるもの。

 

誰でもこの先のことを心配したり、不安な気持ちに陥ったりするでしょう。

 

ですが異動先が合わずに迷った時の対処法は、2つしかありません。

 

 

会社に相談してなんとか頑張る

 

選択肢を広げておく

 

 

この2つです。

 

 

 

体調不良。まずは無理せず病院へ

 

人事異動による体調不良の原因はいろいろと考えられます。

 

 

・これまでとは仕事の内容が変わり業務に慣れない

 

・人間関係がうまくいかなくなってしまった

 

・転勤などを伴う場合、職場環境、生活環境がいっぺんに変わってしまい対応ができない

 

 

などなど。

 

 

いずれにしても直接の原因はストレスによるものです。

 

ストレスが原因の体調不良というとその症状はさまざまです。

 

おなかの調子が悪い、熱っぽいとかなんとなくだるいなどといったものから、急に緊張や不安感におそわれて動悸がしたり手が震えたり、めまいがしたりといったものまで。

 

ですので「あれ?おかしいな!?」と感じたら自分で自分をよく観察してみましょう。

 

今この状況にストレスを感じているなとか、仕事中のこの場面、自分にとってはストレスだな、などと客観的に監察し、あまり症状がひどくならないうちに、心療内科を受診するとよいです。

 

なぜならストレスで体調不良をきたしている場合、心に原因があって体に支障が出ているからです。こういったケースの時は、内科ではなかなか原因がつかみにくい。

 

内科はともかく心療内科って…と二の足を踏まれる方も多いかもしれませんが、今は気軽に受診できるクリニックなどもあるので、やはり早めに受診して先生に話を聞いてもらうとよいでしょう。

 

 

会社に留まる選択をする場合

体調はなんとなくよくないけど、会社辞めるわけにもいかない。

 

でも体はきついしとなると会社に行くのが本当に毎日つらくなってしまいますよね。

 

そんな時どうしたらよいか、まずは会社に留まる選択をする場合について考えてみます。

 

 

会社に留まる場合、信頼できる上司などに相談できるのであれば相談したいところです。

 

相談して今ストレスになっている環境を少しでも緩和してもらえるのであればそれに越したことはありませんし、話を聞いて自分の状態をわかってもらうだけでも心理的に少しは楽になるかもしれません。

 

会社(上司)によっては、

 

 

・仕事内容を変更してくれる

 

・残業をしないような措置をとる

 

・まとまった休暇(傷病休暇のようなもの)がとれる

 

 

などといった対応をしてもらえる場合もあります。

 

なんとか利用できる規則、制度などは利用して体調が回復する事を優先させましょう。

 

また部署ごとの大きな異動の場合は、新しい部署の仕事内容が全く自分に合わないということも考えられます。

 

例えば事務職から営業への異動など、職種自体が大きく変わるような場合は急激な環境の変化に体が対応しきれずに、体調不調を引き起こしていることも考えられます。

 

そういった場合、その部署で仕事を続ける事は困難になると思われるので、再度の異動を願うなどの処置を施しましょう。

 

でないと体がもたないです。

 

 

 

会社を去る選択

異動による体調不良により、会社に留まる選択をされる方がいる反面、やはり会社を去ることを選択される方もいらっしゃると思います。

 

 

その際に一点だけ注意点があります。

 

 

体調が本当に悪い場合は、考え方もマイナス思考に陥りがちですし、新しい一歩を踏み出す体力も気力も湧いてこない可能性が高いです。

 

この状態のまま急なアクションをとってもうまくいかない事が考えられます。

 

うまくバランスを取って体調が回復してきたかなという頃を見計らい、自分が将来やりたいこと、興味がある仕事などを考えながら、退社後のプラン(新しいことを勉強するのか、新しい仕事を探すのかなど)を考え、いよいよ退社を具体的に実行するのが理想。

 

 

とはいえ異動によるストレスが原因の場合、会社を辞めることで体調不良が改善されることも事実です。

 

なので「いきなり辞めてやる!」というのではなく、割り切って少しずつでも転職に向けて動き出してしまうのも一つの方法。

 

 

会社は全体の底上げを狙って異動をかけ、人員体制の強化を狙っているのでしょうが、自分らからすれば正直ピンとこない話し。

 

会社の施策に巻き込まれて体を壊していては元も子もないのです。

 

退職をきっかけとして、新しいことにチャレンジし生き生きと仕事されている方もたくさんいらっしゃいます。やはりそれは健康な体力と健全な精神力があってこそ。

 

会社で仕事に追われていると自分の健康についてもそこそこに、あまり関心もなく毎日を過ごしてしまいがちです。

 

ですが今ここで、異動をキッカケに健康の大切さに気が付いたということは、改めて自分の人生を冷静に見つめ直す機会だとも言えるのではないでしょうか?

 

 

 

最後に:選択肢を持っておく

 

会社で仕事をしていると毎日が目まぐるしく、あっという間に過ぎてしまいます。

 

まして急な人事異動などによる環境の変化は、思った以上にストレスをもたらすことがあります。

 

できればどんな環境にも対応できるメンタルが欲しいところですが、なかなか思い通りにはいかないのが人間の人間らしいところ。

 

 

ストレスのはけ口として、選択肢を複数かかえておくという方法があります。

 

さきほど会社を辞めることが体調不良の改善につながると申しましたが、自分の中で「転職」という選択肢もあることを作っておくのです。

 

 

おすすめなのが転職エージェントに登録をしておき、選択の可能性を広げておく方法。

 

転職エージェントに登録すると、応募可能な案件が日々送られてきます。すぐに辞める辞めないに関わらず、そういった選択肢を眺めているだけでも気持ちにゆとりができます。

 

特に今の会社にドップリ浸かってしまっている方ほど、考えが固執してしまいがち。

 

辞める可能性もあるんだなと柔軟な思考を持っておくためにも、転職エージェントに登録し、少しでも可能性を広げておく。

 

エージェントは料金も無料ですし、登録したからといって必ず転職しなければいけないというものではありません。

 

気持ちに余裕を持たせておくという意味でもオススメです。

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人におすすめ!

 

面談に来る人が必ずしも、緊急の転職意向ではありません。まずは相談だけ!という人も大勢います。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る