仕事 忙しい 辞めたい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

仕事が忙しすぎて辞めたいと思った時に振り返りたい4つの事

読了までの目安時間:約 10分

 

仕事というのは忙しいというのが普通です。

 

ですが、それが度を過ぎていたりすると危険です。

 

忙しくて休む暇も、趣味のことを考えている暇も、笑う余裕もない人がいるかもしれません。

 

ずっと気分が落ち込んでいる状態の人がいるかもしれません。

 

そういうときは、もういっそのこと仕事を辞めることを考えてもいいと思います。

 

そんな考えは甘えだという人もいるかもしれません。ですが、自分が壊れてしまってはどうしようもないのです。

 

結局は、身体が資本なのです。

 

 

 

仕事が忙しすぎて休めないは本末転倒

 

仕事をしているのですから、きちんと休まなければなりません。

 

仕事場では休めない時もあるでしょう。昼休みがあるはずなのに潰れてしまった、そういうこともあるかもしれません。

 

それはたまにだから受け入れられるのです。

 

それがいつもだったら、働いている間に休む暇がなくなってしまいます。休む暇もなく何時間も働き続ける、そんな辛いことはありません。

 

それでかつ朝早く出勤、帰るのも遅いとなったら、仕事にさえ集中できなくなってきます。夜遅く帰宅したら眠る時間も短くなってきてしまいます。

 

そんなに休む時間がないとなると、食事さえまともに取れません。

 

その状態では、いつか限界がきます。

 

疲れが取れないまま仕事が続くわけですから、ずっと辛いままになってしまいます。

 

仕事が忙しすぎて休めないのは、健康にもよくないことは明らかです。

 

生活のためにしているはずの仕事が、いつしか仕事のために生活を余儀なくされている。

 

本末転倒な話しです。

 

 

仕事以外のことを考える暇がない

忙しいと直結する問題です。

 

言ってしまうと、好きなことを考えられる時はまだ余裕があると言っていいでしょう。

 

忙し過ぎて好きな事を考えられなくなっている自分に気づいたらヤバいと思ってください。

 

普通人間は辛いとき、好きなことを考えたり趣味でストレス発散をしようとするものです。

 

それが時間的に出来ないだけならともかく、それを考えるところまで思考が至らないというのは、危険です。

 

 

・頭の中は今の仕事、次の日の仕事の事で一杯

 

・仕事が忙しすぎて家族の事を忘れる

 

・夢の中でまで仕事をしている

 

・やらなきゃやらなきゃで常に煽られている感が継続する

 

 

こんな思考に陥っていないか一度よく振り返ってみて下さい。

 

仕事に埋没するだけでなく好きな事、好きな人の事を考える時間が生まれれば嫌なことを少しでも忘れられます。

 

しかし、

 

どうしてもそんな余裕が出来ない、仕事が忙しすぎて辞めたい、ウンザリしているというなら・・・

 

いっその事辞めてしまってもいいんです。

 

あなたにとって、今現在本当に大切なもの、かけがえのない時間とは一体何なのか?ゆっくり考えてみて下さい。

 

今後の自分のためです。

 

 

最近全然笑っていない

人は、ふとしたことで笑えます。

 

大きく笑うとまではいかなくても、ふっと笑ったりというのは日常ではよくあることです。

 

そういうえば最近、少しも笑っていない、気がついたら笑顔すらなく毎日目をつり上げているという人は要注意です。

 

以前は普通に笑っていたことでも最近笑えなくなった、周りはみんな笑っているのに自分だけ笑えない、もはや笑いかたを忘れてしまった、そういう人は要注意。

 

以前と比べてだいぶ笑う頻度が減った人は、少し気にしたほうがいいです。

 

一時的に何か辛いことがあったら、確かに笑えないかもしれません。

 

そういうのではなく、特別何かあったわけではないのに笑えなくなってしまったのであれば、心の余裕が著しく無くなっている。

 

笑えないというのは、思っている以上に辛いことです。

 

自分に少しでもいいから注意を向けてみてほしいです。

 

もう無理だ、自分は笑えない、もう一生笑えないかもしれない、そこまで陥ってしまったら、仕事を今すぐにでも辞めるべきです

 

毎日充実していて「生き生きとした笑みがこぼれる」のと、毎日疲弊していて「笑顔を失う」のとでは雲泥の差です。

 

 

自分はもう駄目かもしれないと、最悪のことまで考えたとき

 

気分が落ち込んでくるとどんどんネガティブな方へ考えてしまいがちですが、それも行き過ぎると最悪なことまで考えてしまいます。

 

あえてその最悪なことというのは名言を避けますが、一回思い至ってしまうと、それが癖になってしまいます。

 

そして、その癖が抜けない間はずっと辛いままです。

 

何かきっかけがないと、それは続いてしまいます。

 

今働いているところにその原因があるのなら、自分の命を守るために辞めるべきです。

 

それは逃げではありません。自分を守るための行為なのです。

 

仕事をしていれば、辛いことはあります。それ自体は仕方ありません。

 

その中にいると、基準というものが分からなくなってきてしまいます。

 

これが普通なのか普通でないのか、許容範囲なのかそうではないのか、ですが、それは違います。

 

結局は、自分がどのように感じているかなのです。

 

病んでしまって手遅れにならないうちに、自分の身を守る行動をしてください。

 

早ければ、回復も早いことでしょう。

 

辞めるというのは勇気が必要ですが、その勇気を出すタイミングを間違えないでください。

 

 

 

最後に

今の会社では多忙過ぎて、心に余裕がなさすぎる・・・。このまま続けていていいものなのかどうかもよく分からない・・・。

 

とはいえ、生活のこともあるのでお金も必要だ。

 

もしこんな悩みをお抱えなら、その会社を転職し、もっと余裕をもって働ける環境に移りませんか?

 

 

そんな方は一度、転職エージェントに相談してみるのも一つの方法です。

 

あなたのライフプランに合わせた会社で働く。多様化している今だからこそ取れる選択肢なのかもしれません。

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人におすすめ!

 

面談に来る人が必ずしも、緊急の転職意向ではありません。まずは相談だけ!という人も大勢います。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

労働環境   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る