給料 割にあわない 仕事

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

給料が割に合わない仕事

読了までの目安時間:約 7分

 

仕事に就く中で、同じ給料でも納得している人もいれば、割に合わないと納得していない人もいることでしょう。

 

寧ろ、給料に納得している人は少なく、これだけ大変な思いをしているのだからそれ相応の評価をして欲しいと、給料に物足りなさを感じている人の方が多いのではないかと思います。

 

おそらくそれは、自分の頑張りの評価がその給料に反映されていると感じるかどうかによるものだと思います。

 

実際、この給料の不満が退職へと繋がることも少なくありません。

 

 

身体的にキツい仕事

給料が物足りないと思う理由の一つに、仕事内容が身体的にキツいものがあります。

 

その代表的なものが外の現場が多い、土木作業などの仕事です。夏の暑い日差しにさらされ、寒い北風に吹かれながら、常に環境の悪い状況での作業を行わなければいけません。

 

しかも、高所などの危険が伴う場合もあります。

 

比較的、土木作業の仕事は給料が割高になっていることが多いとはいえ、実際に働いている人は割に合わないと思っている人も多いようです。

 

最近では、こうした悪条件が重なる土木関係の仕事では、若者の就職率が下がっているという問題も発生しています。

 

やはり、体を酷使している割には安いと感じている人が多いようです。

 

こうした力仕事中心の建築関係の仕事の他に、勤務時間が長時間になる仕事もキツいと感じるようです。

 

飲食店やアパレル業界がそのいい例。

 

最近では特に、経営悪化から従業員の数を減らし、一人当たりの仕事量が増えつつあります。これにより毎日残業が続くなど、勤務がハードになることが多いようです。

 

このハードさが、果たして給料に見合っているかどうかを疑問に思う人も少なくありません。

 

 

精神的にキツい仕事

精神的にキツい仕事でも、給料が割に合っていないと思うことがあります。

 

例を挙げると、教師があります。

 

最近では、モンスターペアレンツなる言葉があるように、子供だけでなくその親とも上手に関わっていかなければならず、かなり精神的に疲れるともらす教師が多くなっています。

 

また、業務内容も多いのが悩みのようです。

 

休みの日に次の授業で使う準備をしたりするなど、仕事時間以外でも時間を取られることが多いようです。

 

教師は、公務員なので安定した給料がもらえるとはいえ、実際にはその仕事内容に見合っていると感じている人はあまりいないようです。

 

精神的にきつい仕事では、営業職でも給料に不満を感じることが多いです。

 

営業職の場合、通常の給料プラス、売り上げノルマを達成した分を上乗せしてもらえる歩合制のことがあります。

 

この給料形式だと、何時間も営業回りをしているのに契約が取れなかった場合、その分はタダ働き状態になってしまいます。

 

そういったことから、頑張りが必ずしも反映されていないと感じる人が多いようです。

 

 

営業職の仕事は苦痛の温床!?

 

 

また、他の職業でもこうした精神的苦痛を伴う仕事は数多くあります。

 

窓口担当の郵便局員であっても、ふるさと小包のノルマを達成させなければならないというプレッシャーを抱え込んで苦痛に感じる人もいれば、

 

接客が苦手なので事務職として就いたのに、客と対応しなければならない状況に陥るなど、様々な理由から精神的にキツいと感じることがあります。

 

自分がその仕事を辛いと思い始めたらその時点で、給料に合っていないと思えるようになります。

 

 

精神的にも身体的にもキツイ仕事

精神的にも肉体的にも疲れ果てる仕事も数多くあります。

 

その代表的なものが医者です。

 

街のクリニックなどでは、自分が院長として自分のペースで診察していくことができるので、そういった給料に不満を持つ人は少ないですが、大規模な総合病院などの勤務医の中には不満を漏らす医師が多いのが現状です。

 

医師の仕事は、患者の病気を治すという繊細な仕事内容を要求されます。

 

それゆえ、精神的にはかなり辛い職業と言えます。

 

また、大規模な病院の勤務医の場合、夜間救急などにローテーションで勤務しなければいけないことが多いです。

 

日常の勤務に加え、定期的に行う夜間勤務、それだけでも十分ハードな仕事です。

 

さらに患者の容体が悪化すれば、休日など関係なく呼び出されることもあります。医者は給料が高額だとはいえ、これだけのハードな内容をこなしているのに割が合わないと思っている人が多いのが現状です。

 

 

最後に

もちろん、実際の仕事の大変さも影響してきますが、それ以上に仕事に対する思いも関わってくると思います。

 

給料が割に合わないと思うのは、本人の仕事に対するやる気が大きく影響してきます。

 

同じ内容の仕事をしていても、辛いと感じてしまえば、それだけで仕事の重さが変わってきます。

 

それにより、貰っている給料に対する価値観も変わってきます。仕事を選ぶうえで、いかに自分がその仕事をやりたいと思うか、自分に合っているかが給料に満足度に繋がってきます。

 

 

 

 

 

労働環境   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る