会社半年 退職

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

会社を半年で退職は悪か?その後の履歴書の説明はどうするか?

読了までの目安時間:約 14分

 

やっと勝ち取った内定。決まった就職。

 

にもかかわらずたった半年で辞めたい。

 

こんなお悩みをお抱えの方いませんか?

 

 

「お前は我慢がない」

 

「半年で何がわかるんだ」

 

 

こんな事を周りに言われるかもしれません。それもどれもアナタを気づかってのことかもしれませんね。

 

 

ここで一番気になる点は、

 

・こんなんでこの先、社会で生きていけるのか?

 

・半年で退職したら履歴書に傷がつく

 

・半年で退職した理由を次の面接でどう説明するのか?

 

こういったリアルな現実問題じゃないでしょうか?

 

 

しかし、前もって言います。

 

 

こんな悩みは転職エージェントを使えば簡単に解決します。

 

 

 

 

不条理とミスマッチは起きる

今は多様な会社が乱立する時代です。

 

・面接で言われた事と実態が違った

 

・中途採用だったので強烈に即戦力を求められ面食らってしまった

 

・あからさまに自分のイメージと違った

 

・やりたい職種だが微妙に方向性が違う

 

理由はともあれ、こういった不条理な出来事やミスマッチはどの会社でも起こります。

 

会社に騙されたというのであれば論外ですが、その会社が自分の中で何かのミスマッチしている大きな要因があるのは事実かと思います。

 

 

正直その要因って入社初期の段階、それこそ一ヶ月ぐらいで感じていた事ではないでしょうか?

 

 

それが2ヶ月、3ヶ月、半年と経つにつれ自分の中でドンドン不信感とともに育っていってしまった。

 

おそらく、あなたが今抱えている不条理感はこの先さらに育っていくと考えられます。

 

半年で我慢の限界を感じて辞めたいと思ってるのなら、むしろかなり我慢した方じゃないでしょうか?

 

この会社は辞めたい。色に染まりたくない。

 

この気持ちは今後も強まるだけです。

 

 

 

この経験を生かせれば無能なんかではない

「半年で会社を辞めたいなんて俺は何もできないんだ」

 

もしかしたらこんな自暴自棄になっていませんか?

 

断言します。

 

 

全く無能なんて感じる事はありません。

 

 

あなたは今こうして葛藤して悩んでいるからこそ、なんとかしなければいけないと強く感じているからこそ、こうしてネットで解決策をお探しなのではないでしょうか?

 

たとするなら、この経験を活かせば良いだけなのです。

 

 

・なぜこの会社を選択したのか?

 

・なぜこの業種を選んだのか?

 

・下調べが不十分だった

 

 

理由や原因は自分自身が一番よくわかっているはずです。

 

同じ過ちを犯さないよう、反省点を踏まえて次に臨む事が大切なのではないでしょうか?

 

無能なのは、反省もせずに同じ過ちを繰り返す人です

 

世の中には入社して半年で退職した人なんかゴマンと存在します。

 

身近な存在の人でもそんな人は沢山います。

 

しっかり相談してみれば案外自分のそばで似たような経験をしている人なんか沢山います。

 

 

・自分の父親でさえも最初の会社は実は半年で退職していた

 

・以前半年で退職した友人が、今ではベンチャー企業の取締役

 

 

何度も言います。

 

大切なのはどう立て直すかです。

 

 

 

 

半年で退職は履歴書に響くか?

やはり何と言っても気になるのはこの部分。

 

半年の職歴は履歴書にキズついてしまうのか?

 

 

結論から言うと、キズがつくと言うよりも、今後の入社面接の際に必ず聞かれる点となります。

 

 

というのも面接官からすれば当然のように自社では長く働いてくれる事を希望します。

 

 

「半年で退職した履歴があればウチでもすぐに辞めてしまうのでは?」

 

といった疑念にかられるのが普通の反応でしょう。

 

 

その期間を空白にするという方法もありますが、それはそれで空白期間を突っ込まれますし、そもそも厚生年金などの社会保険に加入していれば、その加入履歴でバレる可能性もあるので好ましい手法ではありません。

 

 

やはりそこは正攻法でいくのが一番です。

 

つまらなかった

変な会社だった

 

などのネガティブな事や以前の会社を非難するような事は言ってはいけません。

 

やはり何で辞めたと言うよりは前向きな考え方を言った方が良いです。

 

決してその会社の悪い所を言ったり、同僚とのいざこざ等は言わない事です。

 

いい加減に腰を据えて頑張りたい旨をハッキリと伝え、この会社で自分を活かせると思っている事をアピールするのが重要です。

 

 

前向きな姿勢を見せる事

履歴書にも半年で退職した経歴はしっかり記載します。

 

その後の面接ではとにかく、

 

「仕事が嫌で半年で退職したわけではない」ことを切実にアピールし、面接官の不安を払拭してあげるようにしてあげるのがコツ。

 

例えば、半年間自分のスキルを上げる為に勉強をずっとして来たが、どうも細部の部分で自分の方向性と違う。とのアピールも付け加える事も必要。

 

この細部の説明は詳細であれば詳細であるほど良いです。

 

 

しかし注意点は全てこうだった、あーだったと、ダラダラ説明をすると面接官に良い印象を持たれません。

 

 

必ず半年で辞めた理由を言う時にいい方法は、

 

「仕事を通して色んな経験をして来ました」

 

が、

 

「悩んだのですが、やはり自分の方向性の合致する事を仕事にしたいと思いまして御社を受けました」

 

と言う風に波風が立たない説明をする事。

 

そして、「この不況で仕事も限られていますので、少ないチャンスは活かしたいと思います」と付け加えると尚良いと思います。

 

 

こういった細部に渡る面接のテクニックは、転職エージェントを使えば詳細に教えてくれます。

 

あなたのネガティブな退職理由でも、角度や視点を変えたポジティブな言い回しにする工夫を伝授もしてくれますので、利用してみるのも一つです。

 

 

評判の高い転職エージェント

 

 

 

最後に

今は、かなりスキルや経験値が高い人を企業は求めます。

 

心構えとしての抱負や、自分自身にしかない独自性でアピール出来る事が有れば、必ず面接時に言った方が良いです。

 

言葉に窮すると、どうしても「なぜ半年で前の会社を辞めたのか?」と言うのが面接官に埋め込まれてしまいます。

 

総合的にマイナスのイメージよりも前向きにプラスのイメージを持たれる様な心構えは必要です。

 

誘導尋問で聞き出す面接官もいますが、つられて自分に取ってマイナスになる事は言わない事です。

 

面接を受ける前に自分でシュミレーションをして面接に望む事が必要でしょう。

 

必ず、『何で半年で会社を辞めたのか』はどこの会社に面接に行っても聞かれます。覚悟はしておいた方が良いですが、何より、それを払拭させる様なアピールが重要。

 

今後、半年で退職なんてことを防ぐ意味でもリサーチをしっかりして、以前の失敗経験を糧に前進していけば必ず成功はつかめるでしょう。

 

 

 

 

あなたの強みを見つけてくれる転職エージェント

「半年で退職なんて、俺はダメ人間だ・・・。」

 

日本では会社を退職するのは落伍者のような風潮があるために、自暴自棄に陥る気持ちも痛いほど分かります。

 

 

自分は何もできないヤツ・・・。

 

 

もしあなたがそう思うなら、転職エージェントに相談してみるのも一手です。

 

エージェントはあなたが気づいてもいない強みを発見し、それに見合う会社を探して、売り込みを代走してくれるのが仕事。

 

相談者がいるだけでも精神的な負担もかなり減ります。

 

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人におすすめ!

もしあなたが転職初心者であれば、とりあえずでも登録しておいて損はありません。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

 

面接対策の指導も手厚い。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勤続期間   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る