営業 仕事 苦痛

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

営業職の仕事は苦痛の温床!?

読了までの目安時間:約 8分

 

仕事にも色々な職業が存在します。

 

販売業、工場等での製造業、病院などでの看護などそれぞれに仕事内容も違い、その仕事に従事している人しか分からないような悩みも存在しています。

 

営業という仕事にも当然のように悩みは存在し、あまりにも辛すぎて辞めたいと考える人も多いようです。

 

営業職の苦痛さをお話しながら、その解決案を提案します。

 

 

営業に課せられた厳しいノルマ

営業という仕事には必ずノルマと呼ばれるものが存在しています。

 

これは単純に毎月決められた数の受注を取ってくるとか、契約を取ってくるといった様なもの。

 

 

正直なところこのノルマ、苦痛以外の何物でもありません!

 

 

当たり前ですが営業職ではノルマをクリア出来なければ給与にも大きな影響が出てしまいます。

 

基本的に常に外回りを行ない、夏の暑い中でも冬の寒い日でも関係なく顧客回りを行なわなければいけません。

 

実はこの顧客回りという作業は非常に辛いもので、せっかく行ったのに忙しいから帰れと門前払いをされたり、商品の売り込みに行ったのに逆に顧客に叱られて帰るということも少なくない。

 

これは営業の辛いところ・・・。

 

こういった事が頭でも分かってはいるものの実際に直面すると、ボディーブローを食らったかのようにジワジワと苦痛さがにじみ出てきます。

 

もちろんなじみの顧客だけでなく、会社から求められているのは新規開拓ですから、飛び込みで家や会社を回らなければいけないということも普通にあります。

 

 

この新規開拓。これがまた苦痛なのです。

 

 

新規開拓という作業は非常に厳しく、特に顔見知りでない人から商品を購入したり、契約をしてくれるケースは非常に少ない。

 

いきなり家に押しかけた営業マンからすぐに商品などを買ってくれるということはほとんどありません。

 

営業職にとっては非常に厳しい時代だと言えるでしょう。

 

 

擦り減っていくのは靴底だけではない

営業職に就いて営業を行っていると、酷い場合では一か月に1足程度の靴をダメにする。

 

それだけ毎日歩き回り、靴底をすり減らしているわけです。

 

しかし営業職がすり減らしているのは靴底だけではありません。

 

 

精神も靴底同様すり減らしながら営業を行っているわけです。

 

 

最初の内は知人や顔なじみから契約が取れたり、商品を購入してもらえるわけですが、それも徐々に減っていき相対的にノルマがこなせなくなっていきます。

 

しかし毎月のノルマは待ってくれませんからとにかく1件でも良いから契約を取るため、商品を売るために必死に歩き回るわけです。

 

しかしそれだけ努力をしたとしても、その努力がそのまま成果として現れないのが営業職の厳しい現実です。

 

すり減る靴底、歩きまわった汗で臭う靴。

 

「営業なんて苦痛で辞めたいな」と痛感する瞬間です

 

 

営業職で体調を崩す場合も

何時まで経ってもノルマをクリアできない状態が続いていくと、精神的ストレスから人間不信や鬱になる人も多い。

 

これはいくらやっても全く報われないという状況が、徐々に精神を圧迫していくことで症状が進行していく。

 

会社からは契約を取るまで帰ってくるなと言われ、いかに営業職が過酷な職業なのかが分かるのではないでしょうか。

 

心の中には重いノルマを抱え悩みながら、営業先では常に笑顔で話をしなければならないと言う状況は、やはり精神な負担が大きいと言っても過言ではないでしょう。

 

笑顔が無い営業はやはり印象が悪いですから、無理をしてでも笑顔を作り続けなければいけないわけです。

 

 

まさに顔は笑ってるけど目は笑ってないという状態。

 

 

この二面性のある仕事を続けていくうちに、メンタルが弱い人ほど体に異常をきたしてしまう可能性が高くなるのです。

 

 

・家に帰っても翌日の営業のことで眠れない

 

・ノルマがクリアできず上司に会いづらい

 

・明日になっても自分の営業力なんて急にあがるものでもない 


 

こんな感じで寝ても覚めてもノルマが頭から離れないような仕事、それが営業職という仕事の実体でしょう。

 

 

ノルマの無い仕事を選ぶのが最良の方法かも

営業職はノルマさえきちんとクリアすればそれが実績として給与に跳ね返ってくる仕事です。

 

ノルマさえクリアすれば報われる仕事だとも言えます。

 

しかし上記のようなデメリットも孕んでいるため、営業が向いている人と向いていない人がはっきりと分かれてしまう仕事だとも言えます。

 

もし営業職についてその仕事が辛い・苦痛と感じる場合には、それは自分に向いていない仕事だと言っても良いかもしれません。

 

ノルマに追われる毎日よりも、ノルマの無い仕事を選んだほうが体を壊すことも無く安定した生活を送れるのではないでしょうか。

 

もちろんノルマが無いですから安定はしますが、給与面での待遇は変わってくると言うことも頭に入れておく必要があります。

 

 

営業職には向き不向きがあります。

 

 

景気が良かった昔のように簡単にノルマがこなせるほど甘くない仕事だとも言えます。

 

憧れて着いた仕事なのに、毎日が辛いと感じる場合には、自分に合った仕事を探して転職する方法も選択肢としてあるのではないでしょうか。

 

営業職があまりにも苦痛で仕方なければ、単純に仕事を帰るのも一つの方法です。

 

 

 

 

職種   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る