派遣 工場 辞めたい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

派遣で工場勤務になったが辞めたいに向けたアドバイス

読了までの目安時間:約 9分

 

今では派遣で様々な仕事を選ぶことが出来るようになっており、販売業やネット事業、建設業や製造業など多種多様な職業があります。

 

特に北関東や東海地方を中心に多い求人で、製造業の工場勤務派遣があります。

 

最近の傾向として、工場勤務でいきなり正社員というのは新卒以外は少なく、そのほとんどは派遣。

 

 

しかしこの工場派遣、非常に離職率が高い。辞めていく人がかなり多いのです。

 

 

派遣で工場勤務になったが辞めたい理由を紹介しながら、辞めてその後どうしたらよいのかのアドバイスを解説します。

 

 

 

 

工場という閉塞的な作業現場

levitation-1287234_640

 

 

販売業などの場合、店舗や外で商品を売ります。

 

販売業は人を相手にする職業のため喋りが得意であることや人見知りをしないということが重視されますが、工場とは違って非常に解放感と自由があると言えます。

 

一方工場勤務の場合、基本的に1日中機械を相手にして仕事を行うことになります。

 

仕事の内容によっては完全に個室の状態でずっと喋ることも無く機械を相手にする。

 

喋れないことや閉塞感のある室内の状況などで精神的ストレスを感じてしまう人も多い。

 

 

言ってみれば、「精神と時の部屋」にいるような状態が継続していく!

 

 

1日だけその仕事を行うのであれば、我慢して乗り切ることが出来ると思いますが、その仕事が毎日続くとなると非常にキツイと感じるのです

 

残業などが有った場合にはさらに長い時間機械を相手にし、まさに精神は錯乱する一歩手前のような形に追いやられていくのです。

 

唯一、生身の人間と会話が出来るのは休憩時間だけ。

 

しかしこれが派遣だとそうもいかない。

 

派遣だと十分な説明もなされずに仕事がスタートする事も多い。

 

周囲に誰も知り合いがおらずに、休憩時間といっても一人ポツンと休憩室でお茶を飲んでいる・・・。こんな事が普通に起こる。

 

どういった仕事内容か分からずに、閉塞感と慣れない工場臭で辞めたいと感じる人はかなりいるのです。

 

 

単純作業を続けることの厳しさ

工場での作業はほとんどの場合単純作業・流れ作業が多く、仕事が流れてくるため一時も気を抜くことが出来ません。

 

自分の仕事が遅れれば先に待っている人の仕事に影響を及ぼすため、作業自体は単純でも流れてくるというプレッシャーは確実にストレスになります。

 

そしてこの単純作業という作業内容が問題で、単純な作業だから楽だと思われる人も多いと思いますが、その単純な作業を毎日8時間続けるということは非常に苦痛となってきます。

 

1日中ネジをしめるだけの作業や部品を同じ場所に取り付けるだけの作業を行うことはうんざりしてきます。

 

工場勤務は品質向上や生産効率にも重視している会社が多いため、不具合でがあったり機会のトラブルでラインを止めてしまったりすると社員がすっ飛んできて

 

 
お前なにやってんだ!

 

といきなりどやされる事も日常茶飯事です。

 

派遣は派遣先では底辺のような扱いを受ける事が多く、こういった部分も卑屈さを増していき辞めたい気分を冗長させます。

 

単純作業を辛いと感じる人は工場勤務自体が向いていないと言えますし、意外なほどに品質管理を求められ、胃が痛くなるのが工場派遣なのです。

 

 

 

労働環境の善し悪しや人間関係

作業内容や閉塞された空間の作業以外にも、労働環境や人間関係が辛くて辞める人も多いです。

 

労働環境に関しては、工場の作業の内容にもよりますがキツイ、汚い、危険といった3Kが揃っている工場も少なくありません。

 

 

・工場独特の油臭

 

・エアコンの無い蒸し暑い室内

 

・不慣れな中でやらされる溶接作業

 

 

こういった環境に馴染めず精神的ストレスや肉体的な疲労が蓄積して体調を崩すケースも多い。

 

きつい工場ラインの代表格でもある自動車工場ラインでは、鋳造部とかだと、それこそ粉塵マスクにゴーグル着用といったいでたちで現場に臨む。

 

空気も悪いし、顔は粉塵で真っ黒になるしで「正直派遣は底辺だ」と感じてきます。

 

人間関係に関しては、自然と工場内で派閥が出来ていたり、長く務めている派遣社員の人が力を持っていたりして、その人に逆らうと工場内いじめといったケースにもなりかねない。

 

特に新入派遣社員はそういった派閥に馴染めず止める場合が多いため、機械が相手の仕事だと言っても、人間関係の難しさも工場勤務にはあると言うことでしょう。

 

 

 

最後に:工場勤務を辞める&その後の仕事

entrepreneur-1103722_640

 

 

以上のような仕事の辛さや人間関係で辞める人が非常に多いと言われている工場勤務ですが、工場勤務を辞めた後に一体どのような職業に就いているのでしょうか?

 

派遣で工場勤務しかやってこなかった自分にできる仕事などあるのでしょうか?

 

 

じつは派遣で工場勤務が辛くて辞めてしまった人の多くが、営業や販売といった単純作業ではない職種に就いている場合が多いです。

 

 

これは工場のような仕事のマンネリ化がほとんどないこと、毎日行う仕事や出会う人が違うため常に新鮮な気持ちで仕事を行なえることなどが大きな理由となっています。

 

工場勤務で感じたマンネリ化や自由の無さを嫌う傾向が強いようで、真逆の仕事に就く人が非常に多いと言われています。

 

もちろん営業には営業の辛さがありますし、販売には販売の厳しさがあるため、一概に工場勤務から営業などに転職すれば全て解決とはなりません。

 

しかし自由に動けるということやマンネリ化しない仕事内容は、工場勤務に比べて精神的ストレスになり難いというメリットが大きいことが、工場勤務からの転職者が多い理由なのかもしれません。

 

また派遣で工場勤務を選んでいる人のほとんどが一時的な生活費の捻出のため。そう考えている人もかなりいる。

 

 

ある程度の軍資金を稼いだらサッサト退職し正社員の道を選ぶ。

 

こういった方法も立派な選択肢の一つです。

 

営業や販売員に限らず最近の人手不足で、正社員枠でも募集している会社は沢山あります。

 

やむにやまれず派遣で働いている

一時的といえ工場勤務はもう嫌だ

 

とお考えの人は、転職サイトなどを活用し一度応募してみるのもいかがでしょうか?

 

評判の高い転職エージェント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職種   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る