管理職辞めづらい 辞めたい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

管理職を辞めたいが辞められない人へ送るアドバイス3選!

読了までの目安時間:約 11分

 

組織で管理職につく事は、

 

・仕事の進捗管理や、部下の指導管理

 

・取引先や社内上層部とのコミニケーション

 

などのように自分の仕事だけに没頭出来た頃とは違ってきます。

 

中には現場一筋で技術を活かして仕事をしたいという場合でも、管理職に就く事によって現場の一線から離れざるを得なくなります。

 

管理職に就いてから精神的に負担を感じ辞めたくなるという方は多い。

 

 

しかし末端社員と違い組織の仕事の根幹に関わっている事も多く、立場上辞表を出してすぐに辞めることができない。

 

 

こんな風に悩んでいる人もいるでしょう。

 

 

そのため、辞める場合には手順を踏んでキッパリと意思を示す事が必要になります。

 

 

管理職を辞めたい理由とその手順を紹介します。

 

 

 

管理職は辞めたいからといってもすぐに辞められない

管理職に就いている方は、組織の中でそれなりに期待されて認められている証拠。

 

要は一般の社員よりも待遇面でも優遇される傾向にあります。

 

しかし、管理職は与えられた目の前の仕事をこなしているだけの平社員とは違います。

 

 

・仕事全体の流れを掴んで部下の指導や相談に乗る

 

・上層部や取引先との付き合い

 

こんな仕事もコミニケーションに向いていない方が就くと、大変な精神的負担になります。

 

 

しかも厄介な事にコミニケーションに向いていない方は、絶対に管理職にはならないというわけでありません。

 

何かしら仕事で認められる事で現場一筋の人間が管理職に引き上げられる事はよくある話です。

 

管理職は仕事上様々な人間との接触がありますし、一般の社員よりも代えが効かない事が多いために、向いてないからと辞表を出してすぐに辞めるわけにはいきません

 

抜けてしまう事によってプロジェクト全体や、組織の運営に影響が出る事もありえますし、会社側も認めて抜擢した管理職が辞めたいと言っても大抵の場合は引き止める事になります。

 

 

管理職は辞めたいのに辞めづらいのが大きな特徴であり障壁なのです。

 

 

こうなるとえてして無理して続けてしまう例も多い。

 

また、プロジェクトが終わる前に次の長期プロジェクトを任されてズルズルと継続して心身が壊れる所まで続けざるを得ない事も多々ある。

 

管理職は非常に辞めにくいものである事は間違いありません。

 

 

管理職を辞めたい最大の原因とは?

office-336368_640

 

管理職に就いた方が辞めたい原因の多くには、

 

 

・仕事が原因となり家庭やプライベートに悪影響が出た

 

・部下と上司の板挟み

 

・本来的にやりたい仕事とのズレ

 

等はよく挙がる要素になります。

 

どうしても自分以外の事に時間を使うシーンが多くなりますし、仕事ばかりを行う生活になる事もありえます。

 

組織運営の方針に従って部下の正論に対しても飲み込む事が出来ないような事もありますし、メリットとデメリットの両面を考慮した決断が必要になりますから、自然と恨みを買う事も起こりえます。

 

他にも根本的にスキルが足りないと感じたり、部下の指導が上手くいかない、交際費の激増、責任の重さ、待遇面の不満等様々な要素があります。

 

 

技術者としてエキスパートな活躍をしたかった方が、プレジデントとして先頭に立つ事によるストレス等も管理職を辞めたい大きな要因にもなります。

 

 

中には管理職という職権を会社に濫用され、残業代が一切つかない事に不満がある。こんな方もいるかもしれません。

 

 

いずれにしても辞める際には周到な準備が必要です。

 

 

管理職を辞める為の手順

管理職を辞めたい場合の手順としては、辞表を出して退職するという流れ自体は変わらないものの、そのプロセスにおいては事前準備は必要になります。

 

・会社への悪影響の回避

 

・プロジェクトの区切り

 

・後任者の抜擢

 

・後任者の補佐リーダーの抜擢

 

・取引先への挨拶

 

 

平社員と大きく異なる点は、引き継ぎに時間がかかる事と組織運営全体に悪影響が出ない流れを作る事です。

 

 

突然辞表を出すのはでなく、期間を明確に区切って事前に上層部に伝える事が必須になります。

 

例えば、

 

 

辞めると決めた場合は後任者を事前に育てておく

 

・後任者に円滑に引き継げるようにマニュアルを準備する

 

・プロジェクトを終了させて辞める

 

・区切りの良い時期を選択する

 

 

こういった配慮等が必要になります。

 

また気配り事も大切であり、取引先との関係を保つ為にも担当者に挨拶に行ったり、後任者の引き継ぎと紹介をして去っていく事が望ましいです。

 

相談して引き止められたり、ズルズルと継続したりする事を防ぐには期間の区切りは有効ですし、後任者を育てる為に補佐リーダーを立てて仕事を進めていく事も効果的です。

 

なるべく辞める事による影響を小さくする配慮を取る事が必須で、そういった姿勢を取る事で管理職をキッパリと辞める事が出来やすくなります

 

管理職が嫌だからとズル休みするアクションを取ったり、自暴自棄にならないようにしましょう。

 

 

最後に

期間の区切りと後任者の登用というポイントを押さえて、会社に準備を整える猶予期間を与えて次のステップに進む事が望ましいでしょう。

 

お世話になった職場を後味の悪い形で去るのも問題ですし、次のステップに気持ち良く送ってもらえるような辞め方が理想ではあります。

 

 

 

もしあなたが、管理職を辞めたいが次にどんな仕事ができるのか分からない。次は残業代がしっかり支給される職場で働きたい。

 

などの疑問を感じて、次こそは自分の時間も仕事内容も本質的な充実をはかりたいというのであれば、転職エージェントに相談するのも一手です。

 

管理職で培った「管理力」はあらゆるシーンで活きるのは言うまでもありませんし、人手不足の世相もあって意外なほど需要が高い事にも気付かされます。

 

辞める辞めないに関わらずとりあえず相談するだけでも、自分の可能性が再確認できたりもします。

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。キャリアのある人ならリクルートを使って転職したら年収が大幅にアップした。こんな声をよく耳にします。

社歴も長くコンサルタントの経験値が深いため、何かの事情でで辞めにくいあなたの悩みも援護してくれます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

職種   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る