会社辞めたい 人手不足

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

会社を辞めたいが人手不足で辞めにくい人に知って欲しい3つの事

読了までの目安時間:約 17分

 

人手不足のなか「会社を辞めたい」なんて、とてもではないが言い出せない・・・。

 

言い出すのがこわい・・・。

 

そんな悩みで困っていませんか?

 

日本の社会はグローバル化に巻き込まれているとはいえ、今だに「村社会」的な雰囲気が強いです。

 

そのため辞められたら後が困るとか、人がいないから大変というような事を言われ引き止められ、ズルズルと続けてしまうパターンも多い。

 

そこで、この記事であなたに知っておいて欲しい事が3点あります。

 

 

1人手不足=働く環境が悪いから(会社の責任)

 

2同業種でも、人材が定着し働く環境が整っている会社はある

 

3人手不足=しっかり手順を踏めば問題なく辞められる

 

 

という点。

 

もしあなたが今の会社の事を変に気づかってしまい、「辞めたいけど辞めれない」ままでいると、改善できたはずの未来をみすみす逃してしまうことになりかねません。

 

 

世の中には人手不足だからこそ、社員にしっかり向き合ってくれる会社も多数存在します。

 

 

人手不足の原因は会社にある

 

最近、少子高齢化が起因して、どこの業界も人手不足だという話題が取りざたされます。

 

確かに日本全体で人口が減少してきているのは事実。

 

しかし同じ業種でも、人手不足で疲弊している会社と、離職率が低く伸び伸びと働ける会社があるのも同時に事実です。

 

その証拠に、同じ仕事内容、同じ業界なのに「退職」することなどは全く考えになく、心地よく働いている人もたくさんいます。

 

 

なぜだと思いますか?

 

 

その理由は働く環境が良いからです。待遇に納得がいっているからです。

 

 

あなたは今の会社の待遇に納得がいっていますか?

 

仮に人手不足だったとしても、休日がしっかり取れギスギスした職場でなければ辞めたいと考えていないのではないでしょうか?

 

 

人手が足りず代わりがいない状況ができた要因として、1人の社員に責任を背負わせ過ぎたり、待遇を軽んじて人員を流出させたのは会社の責任です。人口減少は単なる一因でしかないです。

 

 

・過酷な状況下でやっているのに評価が全くない

 

・自分一人に重い責任が降りかかり休めない

 

・会社理念ばかりほえてて、具体性がない

 

・結局、社員一個人に会社が甘えている

 

 

こういった環境下にいるからこそ、あなたはその会社に嫌気がさしたのではないでしょうか?

 

率直に言えば、人手不足に陥る労働環境しか取れなかった会社に問題があるのです。

 

辞めて後が困る環境を作っているのも、雇用者側がギリギリの人員や給料で運営して労働者に責任転嫁させている部分がほとんどです。

 

人手不足の会社を辞めたくなる最大の要因は、あたかも人手が足りないのは従業員の努力が足りないからだというような責任の転嫁があるからです。

 

従業員側は、

 

「こんな社員に気配りのない会社では、今後も待遇改善も何もないな・・・」

 

と感じてしまい、辞めたくなるのです。

 

 

 

人手不足でも働きたくなる会社の特徴

人手不足の業界で頻繁に話題になるのが、例えば飲食業界や運送業界です。

 

飲食業界では留学生の外国人を積極採用したり、時給を1500円にあげたりなどと工夫を凝らしているものの、多くの会社が人材難にあえいでいます。

 

一方で「スターバックスコーヒー」のように低い離職率を誇り、従業員の定着率を安定させて人手がたりている会社もあります。

 

離職率の低いスターバックスが従業員に徹底している5つのポイント

(参照:リクナビNEXT)

 

 

同じような形で、離職率20~30%と言われるタクシー業界で、離職率1.5%にとどめて利益を伸ばしている会社も存在します。

 

社員がほぼ辞めない"奇跡"のタクシー会社

(参照:プレジデントオンライン)

 

 

どちらも研修に大幅な時間をさいたり、明確な目標を作りモチベーションを維持したりとあらゆる工夫がなされていますが、その支柱になっている点は単純です。

 

 

・時代の変化に応じた仕組み作りを全員で行っている

 

・会社と社員双方が向き合っている

 

 

です。

 

要は、将来に向けた改善案が全員から出され続け、会社も社員の事を気にかけてくれているので、「この会社で頑張っていきたい」という期待値が高い。

 

当然、それに対する待遇や環境も整っているのです。

 

こういった会社は、人手不足に陥るのは一時の話ですぐに人材が定着していく。

 

 

今のあなたは会社と向き合えてますか?

 

 

人手不足の会社を可能な限り円満に辞める方法

 

真面目なあなたは、

 

「辞めたら申し訳ないな」

 

こんな罪悪感のような感覚を覚えるでしょう。

 

 

しかしそれは錯覚です。

 

 

もし辞めたら周囲の人に迷惑がかかると考えている人は、逆にあなたが同僚や部下に、

 

「辞めたいけど悪いから無理して続けている」

 

などと言われたらどんな気持ちになるか考えてみて下さい。

 

会社はサークルやオフ会の集まりではないのです。

 

文筆業のようにメガヒット作家が執筆を辞めてしまい、その雑誌から二度と大ヒットが出ずに部数が上がらずに沈没して廃刊という事はありますが、一般サラリーマンの世界でそういう事はほぼ無いと言っても過言でありません。

 

辞めてから会社のサイトページやフェイスブックなどのSNSでつながっていた同僚・上司を見ると一目瞭然です。

 

社員一人辞めたから経営が傾いたなんて事はありえません。

 

 

・会社側も会社側で、仕事の一環としてあなたを引き止めにかかっているにすぎない

 

・社員から退職の意があった場合は、対処マニュアルが存在する

 

 

実際にこういった形で引き止めにくるのも事実です。

 

辞める意思が固まっているのにズルズル続けることの方が、むしろ申し訳ない話しです。

 

 

 

退職の意向はできるだけ早く伝える

辞める決意をして退職届を出す事になります。

 

会社によって就業規則に退職についての事が書かれている場合もありますが、法律的には2週間前に退職を申し出れば退職できる事にはなっています。

 

とはいえ、辞めると伝えてその2週間後に退職というのは相手側の準備もあり十分ではありません。

 

私の見解としては、退職の最低1ヶ月前に申し出て、実際に退職のめどが立つのは2ヶ月後ぐらいが妥当なスパンかと思います。

 

実際に年明けの1月に退職を伝え、退職に至ったのが3月末だった。こんな話しもザラにありますので、余裕をもって伝えるに越したことはありません。

 

伝えるのは直属の上司で問題ないでしょう。

 

 

繁忙期は避ける

業種によって時期はマチマチですが、繁忙期に退職の時期がぶつかるのは避けるべきです。

 

夏と冬が繁忙期の職種であれば、その間の春・秋ごろに辞められる算段をとっておく。そのためには、退職の意向を繁忙期である夏冬に伝えておくなどの配慮が必要です。

 

これは、「辞めはしますが最低限会社のことは配慮していますよ」といったアピールにもなるため円満退職にもつながります。

 

 

ただし注意点も一つ。

 

 

人手不足の場合、年中を通してが繁忙期のような会社もあります。

 

タイミングを見計らって、一番言いやすそうな時期に言い出そとしているとドンドン先延ばしになることの方が多いので、こういった場合は退職希望月の2~3ヶ月前を見計らい、バスっと伝えてしまいましょう。

 

実際辞めたら困る人材と引き止められる人は多くても、辞めてしまえば会社も存続させて利益を出す為に、代わりの人材を入れたり新入社員を補填したりして回っていくものです

 

あなたの退職行動が会社を動かします。

 

 

同僚との関係性

職場の環境が悪ければ尚更ですが、退職が決まったからといってベラベラ同僚に言って回るのは厳禁です。

 

同僚から「もうちょっと頑張ってみない?」と引き止めに合うかもしれませんし、中には、「俺の方が先に辞めたかったのに!」といった予想外の反感を買ってしまう可能性もあります。

 

できるだけ穏便に去るためには、退職を申し出た上司から直接言ってもらうのが一番でしょう。

 

もし上司に何も言ってもらえないようであれば、そのまま音沙汰なく過ごした方が無難です。引き継ぎの関係もあるのであなたの退職の噂は自然と広まります。

 

 

 

引き継ぎのポイント

引き継ぎはできるのであれば、キッチリ行ったほうが後腐れはありませんが、限られた時間の中で完璧に遂行するのは難しい人もいるでしょう。

 

 

もし顧客や取引業者との関わりを持っている人であれば、最初の切り口として上司に、

 

「顧客に挨拶メールを打とうと思うのですが、後任者はどうしたらいいでしょうか?」

 

といった旨を伝えます。

 

不穏ながらも会社に残る上司は、後任者を決定しなければなりませんから、あなたの仕事を引き継がざるをえなくなります。

 

ただその際に、あなたが今まで携わってきた仕事の資料やマニュアル、顧客・業者情報があればそれも包み隠さず全て渡します。

 

こうなると会社としても後任を踏まえた上での経営を実行せざるをえなくなり、あなたの退職を現実問題として真摯に考えて行きます。

 

ここでもポイントは、「辞めはしますが最大限会社のことは配慮している」「全面協力はする」という姿勢です。

 

 

 

 

スムーズな退職のために転職エージェントを使う

最初にも述べましたが、同じ業界でも人手不足の会社と、離職率が低く人材が定着している会社の2極化が進んでいます。

 

ポイントは、

 

・時代の変化に応じた仕組み作りを全員で行っている

 

・会社と社員双方が向き合っている

 

です。

 

もし独力でこういった会社を探すのは難しいというのであれば、転職のプロ「転職エージェント」に相談するのも一手。

 

表面的な売上規模や従業員数などはわかっても、会社の実情はなかなか分かりにくいものですし、社風による向き不向きもあります。

 

転職エージェントなら、あなたが人手不足でもやりがいのある会社がいいのか、人材が定着している会社で働きたいのか、の整理付けを二人三脚で行ってくれます。

 

怖くて退職の意向を言い出せない人への、第三者としてのアドバイスもしてくれます。

 

 

自分の人生を決めるのは会社ではなく、あなた自身です。今は人材の流動化も進んでいてダブルワークやリモートワークなど雇用も多様化しています。

 

「辞めなければ良かった」という時代から「もっと早く辞めれば良かった」という時代にシフトチェンジしているかもしれません。

 

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人におすすめ。
相談すると分かりますが、「みんなこんなに転職してるの!」と驚きます。
エントリーしたら必ず転職しなければいけないというわけではないので、一旦登録しておくのも一つです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辞め方   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る