仕事辞めたい

仕事を辞めたい人へ!

仕事を辞めたい人にアドバイスと、どんな転職サイトを使ったらいいのかのブログ

20代で今の仕事を辞めたい人へ。

alpaca-1672647_640

 

 

20代。

 

 

とりあえずなんとなくで就活し内定。漠然と働いているものの、何か最初のイメージとは違う。

 

就活はしたが、中々決まらないので致し方なく今の職場に就職。

 

やっぱり待遇が悪い・・・。

休みが少ない・・・。

 

 

理由は人それぞれでしょうが、何かしら最初とのギャップを感じていて、今の仕事を辞めたい。そう考える20代の方は多いでしょうし、むしろそれが普通の発想です。

 

 

しかし、このままモンモンとしたまま今の仕事に不満を持ち、

 

 

自分が目指す方向性と違う

 

・なんとなく毎日を漠然と過ごす

 

・待遇が悪いのは仕方ない

 

 

 

こういった環境の中でやっていくしかないのか?

 

 

 

決してそんな事はありません。

 

 

 

今充実している環境を手にしている人は、すべからく何かしらの行動を起こしてきただけなのです。

 

その方法は色々あるでしょう。

 

 

 

環境改善の一番手っ取り早い方法が、20代の転職者に親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントを使う事です。

 

色々な不安はつきまといますが、諸悪の根源である仕事(今の職場)を変えない限り、あなたの将来は変わりません。

 

 

今の仕事を辞めて環境を改善させたいと思う人はこのまま読み進めてみて下さい。

 

 

 

 

20代の転職先は意外と少ない?

今は一昔前と違って、自分自身のチカラだけで就活を行う人やハローワークに趣き仕事を斡旋してもらう人はかなり少なくなりました。

 

20代であれば尚更でしょう。

 

時代は「転職エージェント」を使って就活・転職活動を行うのが当たり前です。

 

ネットで調べれば有名どころの転職エージェントがゴロゴロ出てきますよね。

 

 

しかし一方で、20代の転職に不安を抱える人もすくなくありません。

 

20代であれば若さも手伝って簡単に転職なんかできるんじゃないか?すぐに内定が取れるんじゃないのか?こう考えるのが一般的。

 

 

しかし20代の転職者の悩みは実は別のところにあります。

 

 

・転職エージェントを使っても、ブラック案件を紹介されるのではないか?

 

・少ないキャリアのため、まともな会社に就職できないのでは?

 

・根本的に第二新卒向けの就職活動の仕方が分からない

 

 

 

概ねこういったところ。

 

 

確かに20代や第二新卒は、転職先の窓口が多いのも事実です。若いが故にチャンスが非常に多い。

 

ですが同時に、闇雲に転職活動したら今よりも悪い環境・待遇に陥ってしまった。

 

こんな事にもなりかねません。

 

 

後々になって、

 

「あの時は何も知らなかったなあ~」

 

などと嘆いても遅いのです。

 

 

この記事では20代に手厚い優良な転職エージェントと、そうでない転職エージェントの見分け方を紹介します。

 

 

ブラック企業を転々と渡り歩くような人生はもう終わりにしましょう。

 

 

 

優良な転職エージェントの特徴

転職が専門の人材紹介会社で行われるようになった今、色々な転職エージェントが散乱しています。

 

 

・一般転職エージェント

 

・年齢に特化した転職エージェント

 

・業種に特化した転職エージェント

 

 

 

こういった案配で、どれを選んでいいのか分からないほどに転職エージェントが至る所に乱立しています。

 

ネット上で調べていても、一体どれが良くてどれが悪いのか?そういった判別がつきません。

 

全部を片っ端から使ってみる。こんな手法もありますが、膨大な時間を要するのは言うまでもありません。

 

 

ぶっちゃけ、優良な転職エージェントの特徴って何なのか?どんなメリットがあるのか?

 

それは不慣れな転職者に対して、

 

 

・職務経歴書作成の対策がしっかりしている

 

・面接や志望動機の指南が手厚い

 

・ホワイト企業を紹介してくれる(ブラック案件を紹介しない)

 

・未経験業種へ転職できる

 

 

 

です。

 

それを前提として、「20代の転職者へのサポートがしっかりしている」。これがかなり重要なファクターです。

 

 

 

 

20代転職者への支援が厚い転職エージェント

20代転職者への対応が手厚いかどうかはかなりのキーポイントになります。

 

というのも、実態として転職エージェントの中には20代転職者(キャリアが少ない人)に対して扱いが雑な会社も存在しています。

 

理由は至って単純で、20代の転職はエージェント側にとって旨味がないからです。要は儲からないと考えている会社が多いのですね。

 

 

転職エージェントの儲けは、転職者の年収に応じて変わります。

 

転職者の年収の数%を手数料として受け取るために収入が大きい人を転職させればさせるほど、それだけ儲けも膨らむ仕組みになっているのです。

 

 

得てして20代の転職者の場合、何か特別な資格でも持っていない限り高収入の人は少ない。

 

そうなると転職エージェントに登録してみたものの、コンサルタントに相手にされず、くるのは「転職成功の秘訣」的なメールが送られてくるばかり。

 

QアンドAやセミナーの情報ばかりがくるだけで実際の紹介が全然なされない。

 

いざ、案件を紹介されたとしてもブラックまがいのものばかりで転職する意味もないようなもの・・・。

 

まるで、

 

「個人情報を集めるためだけに利用されたのか」

 

こんな事になりかねないのです。

 

 

そうならない為には、優良な転職エージェントの特徴を持ちながらも「20代転職者」への支援も手厚いエージェントを選ぶ必要があるのです。

 

何でもかんでも登録すればいいってものではありません。

 

 

それを見極めるポイントは、大手でありながらも20代の転職支援にもチカラを入れている会社です。

 

 

この大手であるってのがミソです。

 

よく見かけるのが、第二新卒や20代だけに特化した専門の転職エージェント。

 

素人目にみてもこういった会社は、相当数の利用者を確保しない限り運営する事自体が難しいはずです。

 

年収が低めな若者の転職の場合、手数料自体がそれほど稼げないうえ、20代に特化した転職者全体のパイが少ないために、そもそもの絶対数を確保できない。

 

知名度の少ない転職エージェントであれば、紹介される企業もオファーを出さない事が考えられます。

 

そうなると紹介案件自体も少なくり、聞いたこともないようなブラックな会社が参入している可能性だって高い。

 

職種も限られる為に、他業種への転職も難しくなってしまいます。

 

 

何も知らずに20代や第二新卒に特化している転職エージェントに登録してしまうと、思わぬハズレを引いてしまう事が多いのはこういった理由があります。

 

 

そういった事を防ぐ意味で、大手でありながら20代の支援にもチカラを入れている転職エージェントを選ぶ事が、20代で転職を成功させるポイントとなります。

 

大手であれば市場の転職者全体という安定したパイをシェアしている上、ブランド名も保持しているので非公開求人も多数保有している。

 

しっかりした運営を保持しつつ優良案件も沢山あるのです。

 

 

しかし実際問題として、そんな都合の良い転職エージェントはあるのか?

 

一体どの転職エージェントを使えばいいのか?

 

 

 

紹介します。

 

 

 

20代で優良企業に転職するなら使いたい転職エージェント

下記に紹介する転職エージェントはどれも20代の転職支援に遜色のないエージェントですが、あなたの置かれている状況に応じて使い分けるのが適切な利用法だと言えます。

 

どの転職エージェントにも共通しますが、いかにあなたが包み隠さず相談できるか。です。

 

「この会社知ってる。たしか悪評が立ってたよな」

 

と思うのであれば、それを正直に聞いてみる。

 

こういった胸中を打ち明けて就活に励むことで、エージェント側もあなたの事をどんどん理解してくれるようになります。

 

 

 

 

マイナビエージェント
マイナビエージェント

大手で20代の支援にチカラを入れている転職エージェント。

履歴書の添削や面接対策などにも手厚い支援が受けられる。マイナビにしか出さない独占求人も多数あり。コンサルタントが非常に親切。

対応地域 サポート 転職に要する時間
首都圏・関西圏 かなり手厚い 2~3ヶ月

東京・千葉・神奈川・埼玉の優良案件を多数持っています。転職活動が初めてで右も左も分からない人にも親身になって相談に乗ってくれます。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

超大手の転職エージェント。その母体の大きさは不動。幅広い案件を多数もつ。

ワンランク上の転職を目指す人、早期の転職を実現させたい人におすすめ。特にTOEICで高スコアを持っている人は思わぬ高案件を紹介される可能性がかなり高い。

対応地域 サポート 転職に要する時間
日本全国 手厚い 早い(1ヶ月目安)

体育会系のイメージが強いリクルートですが一概にそうとも言い切れない。今の職場に不満があって転職を考えるなら、正直にその詳細を伝えれば丁寧に対応してくれる。キャリアアップしたいという意思が求められる感じは強い。

DODA
DODA

保有する案件・職種、多数あり

全国区対応しているDODAは転職サイトであると同時にコンサルタントも兼ねています。案件を多数保有しているため、自分がどんな仕事にあっているのか分からない人におすすめ

対応地域 サポート 転職に要する時間
日本全国 厚い 2~3ヶ月

転職がどんなものなのか?どんな転職先があるのかとりあえず知りたい人であれば転職サイトとしても利用できるので使いやすい。マイナビ、リクルートエージェントと同時に使うとどのような案件がどのエージェントから送られてくるのか参考になります。

 

 

 

 20代での転職をより成功させる為に

20代で今の職場に不満を持ち、その環境を改善させるためには、20代の支援が手厚い大手の転職エージェントを効果的に使う事をお伝えしました。

 

 

とはいえ大手優良な転職エージェントを使ったとしても、やはり紹介される会社の実態がどんなものかは気になるところです。

 

人間関係やオフィスの空気感などは、実際に入社にしてみないと分からないです。またそういった部分に本質が隠れていたりもします。

 

 

そこで紹介される会社がどんな会社なのかをリサーチする簡単な方法を紹介します。

 

 

それは口コミサイトを使って生の現場の声を聞くことです。

 

 

2ちゃんなどの口コミサイトが多数ありますが、私が使った中で一番信憑性が高いと感じているのが「Vorkers」です。

 

なぜこのサイトの信憑性が高いって、理由は至ってシンプルなんですが、以前私が勤務していた会社で退職した先輩が口コミ欄に超リアルな書き込みをしていたからです。

 

その書き込みのどれもが紛れもない真実だったというただそれだけの理由なのですが、こういった口コミサイトを予めリサーチするだけでも結構違います。

 

もしここで転職エージェントが言っている事とかけ離れている口コミがあれば、そのエージェントに対する信頼を再考するキッカケになりますし、こういった部分はどうなのかと突っ込んだ質問もできます。

 

あくまでも口コミなので完全に信頼しきることはできないかもですが、ちょっとした判断基準はつかめます。

 

参考になればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る